困ったときのスズキコージ頼みw

【送料無料】すいしょうだま

【送料無料】すいしょうだま
価格:1,890円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
魔法使いの女には三人の息子がいた。魔法使いは息子たちが自分の魔法の力を盗もうとしていると思い込んで長男を大鷲に、次男を鯨にしてしまった。それを見てすたこら逃げ出した三男は、ある村で、かわいそうなお姫様のうわさを聞いた。魔法使いに魔法をかけられて「きんきらきんのお日さまの城」に閉じ込められているのだという。三男はお姫様を助けようと、魔法を解くために必要な「すいしょうだま」を探しにでかける。

グリム童話を再話して、絵をつけたのがスズキコージさん。
好きなんですよ~
いっぱい紹介してるんですよ~w
なので
検索かけてもらった方がいいのかも、です☆

スズキコージさんとグリム…
あいます。

というのも
グリムって、ほどよく泥くさくて
ドイツの森っぽい暗さもちょいとあったりなんかして
そのへんがスズキコージさんの
ダイナミックでちと不気味(失礼!)なところに
大変マッチするわけなんですね~。

さらに
この本は、文章もスズキコージさんが。

そう。
語感とか、ちょっとラストにつけ足した部分とか
なんともスズキコージっぽいテイスト。
ファンにはたまりませんです。

この本、復刊ドットコムから出てるんですね。
ようするにファンの要望で
元の出版社では品切れ扱いだったものが
再度出版されたわけ。
なるほどなー、です。

だって
すいしょうだまを突き付けられた魔法使いの母親がどうなったかとか
もうねー
たまらん!ですよ。
にやにやしちゃいますよ。

グリムらし~い
三人兄弟の末っ子冒険譚に
イカしてイカレた挿絵がついて
楽しく読めるこの1冊。

エンソくんあたりを読んで『この人の絵本面白いかも!?』と思ったら
次の作品として読んでみるのがよさげな
セカンドバッター的な本でアリマス♪
スポンサーサイト

ある小さなスズメの記録 人を慰め、愛し、叱った誇り高きクラレンスの生涯

平家物語・上&中 マンガ日本の古典

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。