さてさて、昨日に引き続き
占い的に選ぶ(?)コドモノ本・その2です。

興味のある方、無料のホロスコープのチェックは
星座のマークなんて知らな~い、という方はこちらへどうぞ。
このサイトでは、生年月日と生まれ時間・生まれた場所を入力後、
「本質を診断」をクリックすると、ホロスコープを文章で説明してくれます。
<月が位置する星座>の部分でご確認ください。

詳しくはないけど、マークくらいはなんとなくわかる、という方はこちらです。
調べたい方の生年月日と生まれ時間を入力してクリックすると、ホロスコープが見られます。
詳しい位置やアスペクトなどはホロスコープに進んだところで別ボタンをクリックすると一覧で表示してくれます。

参考・引用の資料はこちら。
まついなつきさんの「ムーンチャイルド占星術」

です。

そして、昨日記事をアップした後、さっそく某占い師さんからTwitterでお子さんの時のお話をうかがいまして
そうか~♪なことがありましたので、そちらを追記して、昨日のまとめに追加します。


<月がおひつじ座のお子さんは…?>
細かいことは気にしな~い超行動派
聞いた話では「クレヨンしんちゃん」好きなお宅アリ。
パッと思いつき、パッと行動するタイプ…かな?
「ノンタン」的な絵本も好きではないか?と推測。
わかりやすい表現が好きそうなので
ちまちまと描きこんでいる本をじっくり味わうのはニガテかも?
絵本好き・文学系好き、なオトナの好みとは
おそらく逆方向なのでは?と思われまっする。
※追記:もしかすると本よりもおもちゃや外遊びの方が好きなタイプかも。
なのであまり本を本をと焦るより、パッと思いついたときや何かを知りたい!って思ったときに
「本でそういうことが調べられるよ~」という誘導のしかたもアリかもしれないです。


<月がおうし座のお子さんは…?>
生まれながらのこだわりやさん
5感が敏感な子・人が多いので
おいしいものの絵本とか好きかも?
平山和子さんの「くだもの」とか「おにぎり」とかね。
あと、色を含め、絵がキレイな本も好きそうです。
好きなものはずーっと持っていたいタイプなので
数が少なくても「コレ!」って絵本が見つかれば
「たまには違うの読んでみない?」と周囲が思うくらい愛着たっぷり、手放さない…に
なりそうな気配。
絵本は図書館などで借りるより、買って手元に置いてあげるのがいいタイプと思われまっする。
※追記
月がおうし座の占い師さん。「母に音読してもらったのが本好きになった理由かと思われます!」と教えてくださいました。お好きな本は「てぶくろ」と「パンの作り方の絵本」だったそうです。
ありがとうございます!
なるほど、5感は耳も重要な要素なんですね!
お母さんの読み聞かせ、気持ちいい~♪好き~♪の傾向が顕著そうな気がします。

さて、本日ご紹介はここから。

<月がふたご座のお子さんは…?>
変化や刺激が大好きなおませさん
あれこれいろいろ変わるのが面白いタイプ。
なので、絵本の読み聞かせも
買って何度も繰り返すより
図書館でアレコレ借りてくるのがお好みかも?
図書館行くなら読み聞かせ会みたいなのに参加して
いろんな人の読むのを聞くのも楽しそうですね。
内容的には季節感のあるもの、近所へのお出かけや探検ものなど
喜んでもらえそうな気がしまっする。
うーん、こう書いていたら
福音館の毎月届く本をまんべんなく楽しむのは
月ふたご座ちゃんかもという気がしてきましたが、
さて、どうかしら…。


<月がかに座のお子さんは…?>
人の気持ちに寄り添うやさしい子
家族や仲のいいお友達の気持ちをとっても大事にするタイプです。
共感力が高いので、絵本の悲しいシーンを読むと
毎回毎回慣れることなく、一緒に泣いちゃったりするかも?
なので、しんみり・じんわり感動する内容よりも
読んでてにこにこできる明るい内容の絵本のほうがよさそうに思えます。
あ、もちろんゲラゲラ笑える絵本でもオッケー。
おうちの出来事や、登場するのがうんと仲のいい相手、みたいな感じで
身近なちっちゃな世界の安心感が伝わる絵本が人気なのでは。
「14ひき~」のシリーズなんかうんと喜びそうな気がするなー。
同じ本のくりかえし読み、飽きちゃったなーと思うときは
読み手の好きな本を間にはさんで
「○○ちゃんの好きな本のあと、(自分)の好きな本も読ませてねー」
というリフレッシュも許してくれそうです。


なかなか進みませんが
ちびちび、確実にまいります。
しし座以降は、まて、明日!
12星座の紹介が全部終わるまで
毎日更新目指してがんばりますよん♪
スポンサーサイト

ちょっと変わった本選び~ホロスコープ・月の星座で選んでみよう・その3(しし座・おとめ座)

ちょっと変わった本選び~ホロスコープ・月の星座で選んでみよう・その1(おひつじ座・おうし座)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。