大人絵本会、この時間帯だと記事はフライングではなく途中参戦になりそうですね?


画像がないジャマイカ★
ということで、中古になりますが表紙が見られるほうをば♪

内容(「MARC」データベースより)
若いお百姓のだんなさんとおかみさんが仕事を取り替えることにしました。次の日の朝、おかみさんは畑仕事、だんなさんは家事。「こんな仕事、簡単なもんだ」と鼻歌混じりのだんなさんでしたが…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

ノルウェーの昔話で文章の著者は記名なし。
訳があきのしょういちろうさんです。
出版社は童話館出版です。

類書は
しごとをとりかえたおやじさん
すんだことはすんだこと
るすばんをしたオルリック
を紹介しています。

うーん、やっぱりざっくり分けるとタイプ的には同系列の絵かな?
似てるってほどではないですけどね。
パッと見、トミー・デ・パオラ風…かしらん。

この本は「わかい夫婦」の設定になっています。

子どもがいません。
細かいところが気になるワタシとしてはこの設定
ものすご~く安心できますw
だって危なくてもオトナですからね、自分で何とかできるでしょ♪と。

そして
だんなさんはたまたま疲れていてちょっと愚痴をこぼしただけで
おかみさんはイヤな気持ちなどなく「そんなら あすから しごとをとりかえようよ」と陽気にこたえる頼もしさ。
いいカップルでございます♪

うちでの仕事がちょっとだけ違ったり
作ろうとする料理もちがうものだったりしますが
筋としては同じですね。

見せかたでいうと絵の方が特徴的かな。
畑のおかみさんの姿がずっと遠景で見えてるのが
他の本とは違うところ。
(しかしこのおかみさん、なぜか一度も振り返りません。
うちのことは心配になったりしないのか?)

帰ってきてからもビックリはしますが
笑ってすますこのおかみさんは
かわいらしい外見をなかなか裏切って太っ腹な肝っ玉おくさまでございます。
スゴイわ~♪

そしてその後の日常をちょっと書いて
めでたしめでたし…と
きれいにまとめた作品ですので
類書の中では一番大人ウケするのでは?と個人的に思ったり。

ラブラブカップルのほほえましい物語になっております。
読み比べなさる時は、ぜひ加えてくださいませ♪
スポンサーサイト

ぼうし

しごとをとりかえたおやじさん

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。