実を言うと、記事更新してるのはこの日にちじゃないんですが
ここは物語の始まりの時期に合わせちゃって、まいりま~す!

【送料無料】ピンポン空へ

【送料無料】ピンポン空へ
価格:1,365円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
卓球道場に中国からの留学生がやってきた。交換留学をかけた決闘勝ち抜き戦がはじまることになって…。仲間たちとの真剣勝負のなかで、友情、恋、未来へ向かう若菜のホントの気持ちがうごきだす。

文章は工藤純子さん。
絵は勝田文さん。
出版社はポプラ社です。

このピンポンシリーズは
ピンポンはねる
ピンポンひかる
と3部作になっています。

さてさて、「ひかる」からだいたい3ヶ月後くらい。
毎日楽しくマジメに卓球に取り組んでいる主人公の若菜。
上手い相手にもスマッシュを決められるようになってきたある日
若菜の使っているラケットの元の持ち主が現れます。

王琳ちゃんという中国人。
なんと6歳のときに半年ほど卓球留学で来日してたらしい。
で、今回は
日本からの留学生を受け入れるために来日した模様。
小さいころからいるシーラと太一は琳ちゃんのことを知ってるわけなんだね。


卓球道場にも男女一人ずつ、卓球留学1ヵ月の枠がもらえる
ってことで
誰が挑戦するんだ?な流れ。

挑戦型の試合形式
男子は太一君でわりにすんなり決まったけど
女子は…ねぇ。

若菜はまだ自分に自信がないし
シーラはチャレンジする気がないし。
でも、結局のところ
周囲の後押しもあって、若菜が挑戦のための大特訓をすることに★

冬休み、みっちり練習して
すごく強くなって
でも
みんなは若菜が中国に行くことじゃなくて
最終的にシーラが若菜と戦ってくれることを望んでいた
っていう
すごい残酷な展開になってます。

若菜って
いい子だぁ~~~
って
ホント思いますよ。
こんなふうに周囲の人が言いだしても
落ち込んだりはするけれど
くさったり投げ出したりしないで
ちゃんと卓球を続けられるんだもんね。

うちの人がそのためにお金をくれなくても
お年玉でラバーを貼りかえるくらい
(コレ、小学生にはけっこう大金ですよ!)
好きになって、のめりこんで
最終的には自分のプレースタイルを見つけた若菜に
心からエールを送りたくなる作品です。

表紙が12月にしては寒そうだけどw
スポーツは重ね着してやるもんじゃないですからね^^
冬に限らず
このシリーズに出会ったときに一気読み。
そんな楽しみ方がいいように思う作品でした♪
スポンサーサイト

【本】にぎやかな眠り へのリンク

クリスマスのぶたぶた

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。