これでグリーン・ノウシリーズの紹介は終わってしまいます。
さみしい…

【送料無料】グリ-ン・ノウの魔女

【送料無料】グリ-ン・ノウの魔女
価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
グリーン・ノウをうばいとろうとするおそろしい魔女メラニー。ふたりの少年とひいおばあさんは、大切なやしきを守るため、勇気と知恵で立ちむかいます。

著者はルーシー・M・ボストンさん。
絵はピーター・ボストンさん。
出版社は岩波書店です。

これまでに紹介したグリーン・ノウのシリーズは
グリーン・ノウの子どもたち
グリーン・ノウの煙突
グリーン・ノウの川
グリーン・ノウのお客さま
グリーン・ノウの石
になります。

グリーン・ノウが選んだ住人が一人増え、トーリーはピンと一緒に行ったキャンプ旅行からかえってきて
3人の暮らしが始まりました。

彼らはみんな不思議なことを自然に受け止め、楽しむことのできるやわらかな心を持っています。

でも、
不思議なことには素敵なことも、気味悪いこともあって
オールドノウの昔話にも、そんな気味の悪いものがあるのです。
夏だから?たまたまオールド・ノウ夫人がした不気味な昔話
その後、おかしな手紙が舞い込み、手紙の送り主・メラニーがオールド・ノウに押し掛けてくるようになりました…。


ということで
今回、かなりオカルトっぽいです。
これが最終巻って…★
と思っちゃいますが
番外編の「石」があるのでそんなにグチらず
参りましょう。

このメラニーがね、なんともうすっ気味悪いんですよ。
人の話を聞いてるんだか聞いてないんだかな受けこたえのくせに
中にぐいぐい入りこんでこようとする。
要するに常識がない人なんですが
それだけじゃない気持ち悪さがなんともはや。

それに対抗するのは
三人の知恵や感性、それに庭にいる小鳥たちやハンノーも出てきます(正確にはハンノーの魂的なもの、かな)。
今までの愛情が力を貸してくれているんですね。
(でも、聖クリストファーさまは今回全然出てきませんが、どうしてなのかしら?
私はオールドノウのクリストーファーさまの像が好きなので、活躍してほしかったなぁ)

「あの人たち」も利用されそうになったりするんですが
なんとかもちこたえながら
反撃の道をさがす3人。

ぶっちゃけ、メラニーのやっていることも魔術なら
3人のやってることも魔術なんですよね。
そして、経験はなくても3人(主に活躍したトーリーとピン)の方が強かったわけで。
土地に愛されて暮らしている彼らなので
背景的に味方が多く強かったのもあるでしょうし
愛するものを守ろうという愛情が
奪おうとする欲望より強かったとも言えるのかも。

そして、メラニーを最後に徹底的に負かしたのは
彼女の隠されていた名前を知られたこと。
名前の支配力がすごいというのは
メジャーなところで「陰陽師」の「呪」でもよく語られますが
東洋も西洋もいっしょなんですねー。

かくてオールドノウに平和が戻ってくるわけなのでした。


歴史がある家や土地というのは
ときとしてこのようなモノも呼び寄せてしまう、ということでしょうか。
不気味さを感じつつ
このような面も含めて
それでもオールドノウを好きになってください
という
ボストン夫人からのメッセージだと思うのは
うがちすぎ…かもしれませんが
この巻の後、他の巻を読みなおすと
オールドノウの世界がもっと深まるのかも
なんて思った
最終巻でした。
スポンサーサイト

ゆくゆくあるいてゆくとちゅう

グリーン・ノウのお客さま

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。