写真のファーストブックって、珍しいのでは?

【送料無料】いるいるだあれ

【送料無料】いるいるだあれ
価格:945円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アフリカの大草原の地平線に日が沈んで、大きな空がピンク色に染まったとき、動物の美しいシルエットが、ページいっぱいに浮かびあがります。「くびが ながい せが たかい とおくをみてる」動物は「だあれ」。さあ、だれでしょう? そして、ページをめくると、その動物の親子が登場します。動物のシルエットを見ながら、問いかけの文を読んでは、次の答えのページへ。この繰り返しの中で、実際に大自然のなかにいるような気持ちになる、親子で一緒に楽しめる写真絵本です。

文章は岩合日出子さん。
写真は岩合光昭さん。
ご夫婦の共作ですね。

出版社は福音館書店です。

動物写真でファーストブック。
それもペットとかじゃなく野生動物。
この高いハードルをクリアして本にできるというのは
岩合さんの写真だからでしょうね。

出版されてる写真集の数だけでもすごいですけど
そのためにどれくらいのショットを撮っているかと考えると
オソロシイくらいですものねぇ…。


内容は
最初に逆行でとったシルエットの写真。
その次の見開きで、答えの動物の親子写真…という組み合わせになっています。

シルエットはきれいだし
親子の写真はかわいいし
でも甘すぎないので
「赤ちゃん絵本とかわかんねえよ~。どこが面白いの?」
なんていう男の人にもウケそうw

赤ちゃん絵本らしいシンプルな文章なので
読むのに時間もかからないですし
巻末には動物の解説があって
(全部ひらがななのが大人にはかえって読みにくかったりもするんですが)
内容は簡潔かつ数字的なデータも入っています。
図鑑好きな人も役に立つよねとうなずいてくれるのでは?
うんよし、これはぜひお父さんの読み聞かせレパートリーに加えてもらおう(断言)ww

親子の写真は
どれもこれもステキですが
個人的にはサイのこどものキュートさと
ペンギンの子どものでかさに
種類違えど声だして笑いました^^


プレゼントにもおススメです。
絵本って、どんなのがいいかわかんないんだよね~って方も
買いやすい一冊では?と思います♪
スポンサーサイト

ふようどのふよこちゃん

タンゲくん

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。