もうすぐはたちになる絵本です。
猫好きには多分たまらんですw

【送料無料】タンゲくん

【送料無料】タンゲくん
価格:1,260円(税込、送料別)


出版社 / 著者からの内容紹介
タンゲくんはのら猫です。ある日、ふらっとやって来て私の家に居ついてしまいました。ところが、昼間は私の知らないところへ勝手に行ってしまいます。いったい、どこへ……。
読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から

著者は片山健さん
出版社は福音館書店です。

片山健さんの作品は
コッコさんとあめふり
おやすみなさいコッコさん

やまのかいしゃは文章がスズキコージさんです。

…しかし、この「タンゲくん」の名前の由来って
いくつくらいまで通用するのかしらw
ワタシは知ってますが、それでもリアルタイムではないです(さすがに?)。
でもまあ、知ってる人がいればどっかこっかで語り継がれるもんなのかなぁ。

丹下左膳という、時代劇の主人公がやっぱり片方の目をけがしていて
そこからの由来ですね。
知ってるとなるほどなネーミングだったりします。

しかしこのタンゲくん。
大きくてちょっとぶちゃいくな感じが
か~~わ~~い~~い~~!!!
と叫びたくなるくらい魅力的。

あの
佐野洋子さんの「百万回生きたねこ」にタイマンはるほどのかっこよさです。
猫ってねぇ…
美醜はたしかにあるんだけど
魅力がそれだけじゃないのよねぇ…。
(とうっとりするワタシは猫スキーですw)

夕食時にふらっと入ってきて
いつの間にか飼い猫になったタンゲくん。
「むしとりのめいじん」なのに掃除機がキライw
そとであったときはしらんぷりされちゃうw

名前がすんなり「タンゲくん」に決まるような時代のお話なので
(子どもはさすがにわかんないみたいですが、親は丹下左膳を知っている世代ってことでしょうね)
猫の飼い方も大変おおらか。
ふらりと入ってきたのを飼っちゃって
飼ってるといいながら、出入りは自由らしく好きな時に散歩に行っているんですね。

だから「うちにいないときどんなふうにしてるんだろう」って気になって
いろんな妄想をしてみちゃったり…
猫への愛って、ちょっと片思いの恋愛チックになったりするんですよね~A(^-^;

そんな心配をよそに、タンゲくんはひょうひょうとマイペースですごし
飼い主の女の子の上で寝て
彼女は身動きしないように気をつけていたりすると。

あ~~~~~~
猫らしくてステキ~~~~☆

すいません、あまりにも好きすぎて
今日ちょっと
コワれた文章になってますw


挿絵の中に「さんびきのくま」の絵本が出てますよ
とかの
小ネタも紹介したいんですが
いつも読みだすと
ひたってしまい、それどころではなくなってしまうという
猫が好きな人にはたまらんこの絵本。

表紙裏の2色ページ
セクシーなタンゲくんのふりかえりポーズと合わせて
じっくりと
たっぷりと
お楽しみくださいw
スポンサーサイト

いる いる だあれ

男子★弁当部 弁当バトル!野菜で勝負だ!!

comment iconコメント ( -2 )

丹下左膳

楽しそうなお話。読んでみたくなりました。
『だるまちゃんとうさぎちゃん』で、片手ない雪だるまを『座頭市』片目ないやつを『丹下左膳』て呼んでました。今の子供にはわからないけど、昔の子供には通じたのかな?

名前: Kaz [Edit] 2011-08-28 11:14

Kazさんへ

コメントありがとうございます♪
機会がありましたらぜひお読みいただければ
紹介冥利に尽きます^^
片山健さんのはじめの1冊として
みていただくのにもいい作品ではないかしら。
「だるまちゃんとうさぎちゃん」
いつ頃の出版だっけ?と調べたら
初版が1977年でしたね。
やはりリアルタイムでは見ていないけれど
読み手の親御さんはだいたい知っていて
子どもさんにはイメージがわかる…的な年代なのかもな~
っと思いました。

名前: しろいまちこ [Edit] 2011-08-29 21:11

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。