よく、「○歳の子に読み聞かせる絵本を探しています」

とか

「○歳なのでそろそろ絵本を読んであげようかと思います。どんな本がいいですか?」

という質問をネットで見ますが

そのたびに答えられず、立ち止まってしまう自分がいます。


というのも、お知り合いではない人に熱く語ってもねぇ…と思っちゃうから。

でもまぁ、それがたまってきたので

この辺で大声の独り言いってみます。



自分の子どもはいませんが

絵本・児童書の販社にいたことがあるので

まあまあたくさんの子に絵本を読み聞かせています。

園の先生たちと違うのはたいていマンツーマンなことですね。

1対多数ではないので、その分子どもさんの個性が肌で感じられて面白かったです。


んで、その経験からすると

「○歳でひとくくりにするな」

というのが上記2件の質問に関してのワタシの答なわけです。

ネットで説教になっちゃうのはまずいですよね、やっぱり。


上記の質問だと順番が逆になりますが

絵本の読み始めの時期

これは

早ければ早いほどいい

です。

極端な話、もうわかってるのかな、顔を見てるよ~

となったらオッケー。

首がすわってたてだっこができるようになって

笑うようになった時期が最高ですね。

読んでもらって笑うようなら、

その絵本は気持ちいい、その子が好きな絵本です

って、読み手に伝わります。


理解できないから意味ないでしょ?

って思う人多そうですけど

絵本は内容を理解するよりも

絵を見て、気持ちのいい響きの言葉をいっぱいきかせてもらうのがいちばんです。

ことばのリズムのいい赤ちゃん絵本なら

すぐに読み終わりますから、読み手も疲れないですしね。

話しかけの延長の感覚でするのが一番です


そして、早くに絵本になじませることの大きなメリットは

大人が絵本を読むじゃまをしないようになる

のです。これね、すっごい楽なんですよ、マジで。


ここでつまずく方の話、けっこう聞きました。

1歳くらいになって、言葉が理解できるようになってきたみたいだから…

って絵本にいこうとすると

子どもは、自分で動くことが楽しいのと

絵本を読むという行為がわからない

大人が本を持って絵を見せ、ページをめくる動作と

語ってもらっているお話がつながっていることが理解できない

のとで、手を出したり、ページをめくったりして

読み聞かせをうまくできなくなっちゃうんですよ。


ただでさえ初めての絵本読み

慣れてないのにそんな抵抗にあってしまっては

労力がものすごい必要になりますよね。てか、読む方がいやになりそう…。

かといって

「大人しく聞きなさい」

なんてったら

本嫌いになりかねませんし…。


この時期に始めるなら

タイミングを見ながらちょっとずつ、が大事です。

お子さんの個性によって集中して聞いてくれるタイミングが違うので

「○○なときがいいですよ」と安易には言えません。

(そういう「答えはひとつ」的なアドバイスができるならどんなに楽かと思いますけどね~)



…ああ、説教がとまらない。。。

えー、明日に続きます。

明日は

「○歳なのですが…」で質問を終わらせないでくれよぅ!

という話でもいきますか。










スポンサーサイト

絵本に関する質問に思うこと

おじいちゃん

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。