今日はこの本!となった理由って、特にないですw
てなわけでなんとなく選んでみました^^

【送料無料】11ぴきのねことあほうどり

【送料無料】11ぴきのねことあほうどり
価格:1,260円(税込、送料別)


出版社/著者からの内容紹介
コロッケ屋を始めたねこたち。けれど毎日食べる売れ残りのコロッケに食傷気味。「鳥の丸焼きが食べたい」と夢見ていると、そこへ一羽のあほうどりが現れて…。

著者は馬場のぼるさん。
出版社はこぐま社です。

馬場のぼるさんの作品は
11ぴきのねこ
のほか
ぶたたぬききつねねこ
きつね森の山男
を紹介しています。

馬場のぼるさんって、なんかすごいなぁと
作品を読むたびに思います。
だって、ブログで紹介している本だけでも
読者の対象年齢はバラバラなんですが
それが全部面白くって
しかも「馬場のぼる」トーンなんですよね。

作品によってイメージが全然違う人もいて
それももちろん魅力ですけど
どこを切っても金太郎!みたいな面白さっていうのは
読者が成長してもずっとおつきあいできるってことで
それはコドモノ本の場合、かなり稀有なんでは?と
ワタシは思うわけです。
だって子どもの成長って、そりゃもうすごいですから★


この本は「11ぴきのねこ」シリーズでして
久しぶりに読んで
「コレコレ、この世界なのよ」と
とっても安心しましたw

あざやかでけっこうこってり塗りこんでるわりに
ぜったいに重く感じない絵とか
とらねこたいしょう以外区別がつかなかったり
やっぱりみんな食欲優先だったり
それが今回はうまくいかなかったりと
なんというか「お約束」感たっぷりなんです。

初めて読んでも知ってるような気がするだろうし
久しぶりに読んでも初めてみたいな気がするかも。

くるぞくるぞのお約束のところでドキドキして
やったー!とにんまりし
オチか?と思ったら終わらない。

でも
まだ続くんじゃない?ってなページ足らずのラストは
いつもちょっと残念だな。


11ぴきのねこシリーズはまだまだあります。
そのうちまた紹介するかも?です(^o^)/
スポンサーサイト

あつまれ!全日本ごとうちグルメさん

CO2のりものずかん

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。