ノンフィクションというと、活字ばっかりの本みたいな印象があるんですが
この写真絵本は、ジャンル分けするとノンフィクションとしか言いようがないので。



内容紹介
お米や野菜は、どうやって育つかを知っている。
でも、ぶた肉がどうやって食卓へあがるのかは知らない!
鹿児島市にある知的障害施設が舞台。
そこでは障害をもつ方たちが、とても大切にぶたを育てている。ぶたの餌は小学校の残飯。私たち人間が残したものをぶたは食べ、10か月で出荷され、ぶた肉となる。
その繰り返しで、我々は生きている・・・・
「いのち」「食」を学ぶドキュメンタリー写真絵本。
内容(「BOOK」データベースより)
お肉はどこからやってくる?お米や野菜は、どうやって育つかを知っている。でも、ぶた肉がどうやって食卓へあがるのかは知らない。鹿児島のある豚舎を追った、ドキュメンタリー写真絵本。小学校中学年~おとなまで。

文章も写真も大西暢夫さん。
出版社は幻冬舎さんです。

まず、初めに言っておいた方がいいかな、と思うのは
これは「ぶた」の本じゃなく
「ぶたにく」の本です。

ということは?

…そうです。
お肉になるまでを
ちゃんと撮影&文章にしています。


撮影場所は「ゆうかり学園」という
鹿児島にある
知的障害のある人たちの福祉施設で
ここでは
黒豚を肥育(食肉になるまで育てること)し
肉を加工してソーセージや餃子の製造などをしているそうです。

豚のえさや、飼っている間に出るわらや糞の始末などのリサイクルのようすは
絵本の本文や
あとがき的に書いてある
ゆうかりの理事長さんの文章を読んでいただくのがいいと思います。

本文にはちょっとドキッとするようなことも書いてありますが
それもこれも含めて
「循環」するんだと思うと
ヘンに意識にひっかけてもあんまり意味がないかー
と。


生まれる直前から始まって
生まれてくるようす
赤ちゃんが育って
どんどん大きくなるようす

ペットにしたいかわいさが
だんだん
ペットはムリかもw な大きさに育ち
そして、やがて
出荷され、と場で肉になります。

大きな(形の残っている)肉から
ばらされて、ワタシたちが店で見るようなかたまりの肉へ
そしてソーセージに。

流れていく一連の写真を見ると
やっぱりワタシたちのくらしは
途中が抜けて、ある意味「ないこと」になっちゃってるんだなぁ

しみじみ感じます。



お肉になるぶたがいる一方
母になるメスは、オスと交尾し
(オスはいい遺伝子をもっていて
メスは子を産むのが仕事の、
それぞれいい条件をもった豚だそうです)
やがて、また子どもを産みます。

人の管理の中で
生命のサイクルが(少しゆがみながらも)
続けられているわけです。

なんのために?
ワタシたちに食べられるために。

食べられる、というのがストレートすぎる言い方なら
肉を提供してくれるために、とでも言い換えましょうか。
内容はいっしょですけどね★

肉であろうが
野菜であろうが
穀物であろうが
食料がワタシたちに提供してくれるのは
彼らの・それらの命です。

それをわかって
ありがたく、無駄にせず
「いただきます」というのが
やっぱりいいんじゃないかなと
個人的には思っています。

小学生なら、低学年でも読んでもらえば内容がわかるし
もっと成長してからなら
文章に出る数字のデータなど
いろんな要素を含めて深く読みこむことができるはず。

ちっちゃい豚はかわいい
とれたお肉はおいしそう

この両方の気持ちを
しっかり感じて
なおかつ
両方がつながっているものだ
ということも理解する

そんな助けになる絵本です。
スポンサーサイト

男子★弁当部 オレらの友情てんこもり弁当

パパ・カレー

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。