美味しそうな絵本の誘惑には勝てないのですw



なんと、楽天でもAmazonでも
内容紹介なし!
なぜだ!?
…まあ、ようするにカレーの本なのはひと目見てわかるんですけどね★

武田美穂さんの作品で
ほるぷ出版さんから出ています。

シリーズは
ハンバーグ ハンバーグ
で、↑の中に
これまで紹介した武田美穂さんの作品がリンクされています。

「ハンバーグ ハンバーグ」で、違う料理も見たい!と大希望していたら
やっぱり出ましたね~。ふふふ♪
なんだか昭和の写真のような、リアルで懐かしい雰囲気の表紙がステキです♪

今度の主役はカレー。
「カレー・カレー」じゃなく「パパ・カレー」なわけは
中の表紙ですぐわかります。
そして、その特徴が文中でくりかえされて
ふむふむ、なるほど、おいしそう
なんです^^

画面のメインは調理工程と手なのも変わりません。
(最後の方にちらっと出てくるちいさい手がかわいいです)
そしてくりかえされる「パパ・カレー」の言葉で
だんだん呪文がかかるかのように
ワイルドなおいしさが期待されます。

このとおりに作ったら絶対おいしいだろうな~
という
正統派かつ、ちょっとした隠し味のあるカレー。
食べるときは
表紙の見返し部分に描いてある薬味も全部用意したいものです。
(もう、読む前にこの見返しでツバごっくんモノでしたw)

ところで、この絵本なんですが
このとおりのことをおうちでするのは
たぶん、そんなに難しくないと思うので
料理の本のように使って
その通りに作って食べるとすると

読んでから作るか
作ってから読むか
誰が読むか
いつ読むか
などなど
理想のシチュエーションを妄想しちゃったりするのも
また楽し、です。

どなたか読み聞かせ&実制作の紹介しないかなぁ~。。。


出たばかりなのに
次の作品が楽しみになるシリーズです。
どうぞご覧ください。
スポンサーサイト

ぶたにく

白のフィオレンティーナ(9~23巻)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。