※現在、こちらの絵本受け付けは終了しているそうです。また新しい企画がありましたらあらためて記事にしたいと思います。※

すっかり間があいてしまい、スミマセン★

「絵本生活」さんの紹介・その2です。

サイト自体の紹介については絵本生活 その1をご覧いただければと思います。



こちらのブログ、「絵本のお店を作りました」
絵本で被災地を救いませんか?
という記事がありまして
読んでいただければわかりますが
被災地へ絵本を送りましょう、という企画です。

こちらの特徴は
ネットショップなのを最大限に生かした方法で絵本の供給を考えていらっしゃること。

流れとしては
①「本を送りたいかた」が「絵本生活さん」に絵本を送る
②「絵本生活」さんが絵本を査定、ポイントをつけ、いったん「絵本生活」さんの在庫絵本となる。
(通常買取とは違うので、ポイントは「本を送りたい方」のものにはならない)
③「被災地のかた(もしくはそこにいらっしゃるボランティアのかた)」が「絵本生活」さんでほしい絵本を選ぶ。
(査定ポイント内でのお買い物にしていただき、料金は不要となる)
④選んだ絵本を「絵本生活」さんが発送する。
という流れになっています。

「必要な絵本を必要な冊数だけ」お届けできるわけですね。
たくさんはいりません、とか、
多少在庫があるんですがもう少しだけほしいんです、とか
そういったきめ細かな要望に手が届く支援だと思います。
個人的には、こういうシステム、事態が少し落ち着いてからの支援に最適じゃないかな
と思います。

そして、ぜひお伝えしたい
大きな特徴がもうひとつ。
「絵本生活」さんへ絵本を送る際の送料、現地へお届けする際の送料は
全て「絵本生活」さんが負担

してくださるそうです。
よっ、太っ腹!

もともと買い取りの際には着払いで受けていらっしゃるそうで
それを被災地用絵本にもそのまま流用してくださるそう。
ワタシたち「絵本を送るかた」は浮いた送料を募金箱へどうぞ、なんですって^^

本を送るときの
NGポイントもブログの記事を参照してください。
「ボロボロじゃない本」とはこういう本ですよ~
というラインが書いてあります。

使用感があるけど、いい本なのよね
って思うときブログ記事と照らし合わせて判断できるので
これ、助かります。

とにかくすぐ!も大事ですが
少し事態が落ち着いてから…の支援だって、もちろん必要です。
そんなときを見越した
相手の要望を最大限に生かせる支援ができるのは
ショップという、在庫を抱えても大丈夫な拠点を持っている場所の
大きな強みだなぁと思います。

ワタシも絵本発送用の段ボールが用意できましたので
そろそろ絵本を選び始めて
近日中に送りたいなと考えているところです♪

絵本で支援を考えていらっしゃる方の参考になれば
うれしいです^^
スポンサーサイト

木の精のふしぎなキス

しろいうさぎとくろいうさぎ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。