だるまちゃんのあと段ボールのマンガを紹介して連想したのはこちらです^^

【送料無料】よわいかみつよいかたち新版

【送料無料】よわいかみつよいかたち新版
価格:1,365円(税込、送料別)


かこさとしさん「かがくの本」シリーズの中の1冊。
童心社さんから出版されています。

かこさとしさんの作品は
理科系絵本の
くらげのふしぎびっくりばなし
かわ
はははのはなし

物語絵本の
だるまちゃんとてんぐちゃん
からすのパンやさん
とこちゃんはどこ

をこれまでに紹介しています。
(けっこう多くなってきましたね~w)

この本、子どものころに読んだよなぁ…
と思い、初版の日付を奥付で確認しましたらば
1968年!
40年こえてますがな。
それで現役で販売中って、すごいわぁ♪

読みなおしてみますと
と~~~ってもシンプル。

すぐにできる。

古いハガキが1枚もない家はたぶんないと思うし
はがきを載せる台は、絵本の中ではぶ厚い本を使っていますが
別に電話帳でもなんでもいいわけです。

のせるものも
あれでも、これでもいいですよ~

何種類かあげています。
最終的にはある程度の重さで重ねやすいので
貯金箱のお金になっていますけども。

ホントにそうかな?って思ったら
すぐに本の通りに試せるんです。
これが楽しくないわけがない!
(しかもワタシのようなぶきっちょでもぜ~んぜんOK!なカンタンさww)

かいてある通りだ~
とワクワクしながら
いつの間にか
物理学的な基礎知識が体験できちゃうわけです。

物理学?
そんな難しいもの?

そう
その基礎って、こんなに身近で簡単なことなんですよ。

数学とか科学とか
あんまり高度になるととんちんかんでしたが
少なくとも最初のうちはそれほどキライじゃありませんでした。
それはもしかするとこういう本で
なじんでる部分があったからかも?

ガッチガチ文系のワタシが思っちゃうくらい
わかりやす~い絵本でした。

ので
物語っぽい本が好きな子も
赤木かん子さん式にいうとリアル系の本が好きな子も
両方が楽しめる珍しいタイプの1冊だと思い
自信を持っておススメする次第ですd(^-^)
スポンサーサイト

おばけパーティー

段ボールのひみつ 学研まんがでよくわかるシリーズ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。