新刊…物語じゃないのがちと残念ですが、出たからには読みましたとも。

 

商品説明

バムとケロの公式レシピ本が完成!絵本に登場する料理やお菓子を忠実に再現したレシピ集!うれしい綴じ込み付録(キャラクターラテプレート)付きです。

バムとケロのおいしい絵本

バムとケロのおいしい絵本
著者:八木佳奈
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

 

島田ゆかさんは監修ですね。

描きおろしはほんのちょこっとあります。人によっては物足りないかも…です。

 

島田ゆかさんはカテゴリを作っていますが、過去記事の整理がまだおいついていないのです…。 ご興味がおありの方はサイドバーの検索を使っていただけますと幸いです。

 


 

タイトルが「おいしい絵本」ですし、レシピ本なのも重々承知です。
でも、読んでの感想はなんたって

 ムーミンカフェみたいにバムケロカフェがあったらいいのにー!

でした。

 レシピ本として不足があるわけではないですが、
この絵本をみると、バムケロはやっぱり島田ゆかさんの造形美によって美味しそうに見えるんだよなあ、と
つくづく。

なんていうか、ちまちまっとした形のものを品数多く、かつトッピングもしっかりと&色味もよくするのがポイントなわけで…
ぶっちゃけ
作れる気がしないワケです。はい(サクッと白旗あげちゃうw)

まっ、さらに書くと
写真より絵本のほうが美味しそうかも?と思ったりもします。
プロが作って撮影してもこれなら、素人で不器用なわたしがつくったらどんなことに…?
ホラーな出来栄えになるんじゃないでしょーか。
バランス悪くなるであろうことならばちょっと自信あるぞー★
そんなことに自信を持つのも情けない話ではありますけども。

しかし
そうはいっても、やっぱり本をみると美味しそうで
絵本に出てきた食べものがこうやったら作れるんだ、というのは嬉しい。
ということは、ですね、
自分で作るよりも、作ってもらえたらよくない?
という結論にwww

いやでもホントに流行ると思いますよ。
型抜きとかきれいにしてさ、軽食とかおやつとか出してくれてさ
なんたってこの絵本に出てるラテアートしていただけたら感激するよ!かわいいもん!

カフェ話から離れて、絵本に戻りますと
新作の書き下ろしがちょっとだけ入ってます。が
これはフルカラーではなくて3色です。
ほぼ線画に近く、色つきのときに陰影を入れてる部分もそのままなのでいつもとバランスが違います。
イラストをやっているかたの参考にはなるかもしれませんが、なんかいつもの絵と違う…と思う方もいらっしゃいそうな気がします。
新作と思わず、スピンオフとかオマケ目当てと考えたほうがガッカリしなくていいかも?です。
総体的に見ると
ファン向け&器用な方向けの絵本…というのがわたしの印象。
大好きなシリーズなのでちょっと辛口ですが、
この本のせいで、新しい物語のほうを読みたくて仕方なくなっちゃったので
早く早くー!という「せかし」がかなり入っているということで、ひとつよろしくご了承くださいませ。

 

 

 [や行のひと]     [は行の出版社] [は行のタイトル]
スポンサーサイト

はこ(小野不由美・文 nakaban・絵 岩崎書店)

村田エフェンディ滞土録(梨木香歩・著 角川文庫)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。