ローラシリーズ、まだ続きます^^

大草原の小さな町

大草原の小さな町

価格:840円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
厳しい冬にそなえて町に移ってきたローラの一家。姉メアリとの別れ、学校でのできごと、将来へのあこがれと不安などをとおして、成長してゆくローラが描かれる。中学以上。

これまでに紹介してきたローラシリーズは
福音館書店から出版されている
大きな森の小さな家
大草原の小さな家
プラム・クリークの土手で
シルバー・レイクの岸辺で
農場の少年(ローラが結婚した相手・アルマンゾの少年時代の物語です)

岩波少年文庫から出版されている
長い冬
です。

「長い冬」が終わった春、ローラは農地の家に引っ越して春のありがたさを堪能しています。
開墾する土地や菜園にする土地があり、牛の子がいるので牛乳もとれ、これからの暮らしは上向きになるような明るい雰囲気にあふれているのです。

開墾しているのはローラの家だけではありません。町や周囲の土地にどんどん人が越してきて
町は賑やかに発展しています。
けれど春は人と知り合うよりも、自分の家の仕事がたくさんあり、そちらの方が優先です。
そんなある日、町に働きに行っているとうさんが
ローラに町でできる仕事があると話しました…。

ということで
ローラはこの巻から稼ぎはじめます。
仕立て屋さんの下縫いの手伝い。
よその家庭のつくろわない様子を見てショックを受けたり、家では語られないだろう出来事に遭遇したり
少しずつ世間というものにふれていきます。

他の人たちより1年早く入植できたおかげで生活にゆとりができ
盲人の大学に姉のメアリイが行けるようになります。
勉強が好きなメアリイの盲人大学への進学は、家族全員の「いつかは」という希望でした。

ローラが生まれて初めて稼いだお金は、メアリイが大学で着るドレスの布地になります。
家族のために役立てることができるお金を稼げたローラの誇らしさは読んでいるこちらも心が温かくなります。

メアリイとローラは、小さいころは特別仲のいいしまいではないんですよね。
年が近くてタイプが全然違うので、ライバル意識が強い感じ。
それがメアリイの目が見えなくなったあたりから、ふたりの関係が変わってきます。
ローラはメアリイをいたわり、メアリイは自分の盲目を受け入れるのといっしょに
ローラのいたわりもまた素直に受け入れるようになるのです。

春先、ローラとメアリイふたりは散歩をしながら
小さいころの自分たちの関係をふりかえります。
子どもの頃のこと、そしてメアリイの中に根付いた経験な宗教心。
短いけれども美しく力強い場面です。

1年早いがゆえの農地のトラブルにもみまわれますが
それに負けずメアリイを大学に送りだす家族。
ひとり欠けた寂しさを埋めるかのように
町でいろいろな催しが行われるようになり、ローラを始めみんなが参加し、楽しみます。
発展に伴う浮かれた気分がこの本全体に流れています。

とはいえ、楽しみ過ぎて勉強にかける時間が減ってしまい
あるときローラはハッとします。
メアリイの学校を続けさせるためには
ローラが近い将来学校の先生になって稼ぐのが、確実かつ安心な手段なのですから。

学校では、物語の最初からときどきトラブルが起き、一度はなかなか深刻な事態に発展しますが
なんとかおさまりをみせ
後半になると、アルマンゾからのローラへのアプローチがはじまり
ローラはとまどいます。
(ちなみに、このアルマンゾからのアプローチ、ローラだけでなく両親もやっぱりビックリするんですね。
アルマンゾは立派な大人で、ローラは「まだやっと15」ですので)

よくわからないながらも、アルマンゾがいやなわけではないので断るわけではなく
かといって特別考えすぎたり積極的な反応をするわけでもない
いわば穏やかにアプローチを受けながら
15の終わりに近づいたローラは
学校の学習発表会にみんなと一緒に参加、歴史の説明という大役を友達とふたりでこなします。

その結果、うちの学校で教えてほしい、という人があらわれ
年齢については聞かれなければ語らない、という暗黙の了解のうちに
ローラは教師の免許をもらうことになりました。
次の巻からは、彼女は学校の先生なのです。


少女から若い女性へと移り変わっていく様子が鮮やかに描かれている、この巻は
華やかさと、少し浮ついたムードと
大人になりつつあることを自覚したローラの青春がいっぱいに詰まっています。
どうぞ彼女と一緒に、ハラハラドキドキワクワクして過ごしてください。
スポンサーサイト

この楽しき日々

農場の少年

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。