ミッフィーじゃないうさこちゃんの絵本です。

めがねうさぎ

めがねうさぎ

価格:1,260円(税込、送料別)


出版社/著者からの内容紹介
山でめがねをおとしてしまったうさこは、さっそくさがしにでかけました。でも、森のおくには、たいくつで困っているおばけが……。

せなけいこさんの絵本です。
せなさんの作品は、ほかに
あーんあん

もじゃもじゃ
を紹介しています。

前に紹介した2作は赤ちゃん絵本でしたが
このめがねうさぎはもう少し大きい子向けの絵本です。
といっても2~3歳向けでしょうか?

主人公のうさこちゃんが目が悪くってメガネかけてるので
ちょっと大きめな設定ですよね。

この
小さい子なのにメガネをかけてるという設定と
友だちに「めがねうさぎ」って呼ばれてるときの気持ちとか
すごく秀逸です。
あ、そうかもーって思います。


せなさんの絵本なので
おばけが出てくるんですがw
これがまたなんとも
おひとよしというか
間が抜けてるというか…★

見た目は「ねないこだれだ」のコワ~いおばけとそっくりなんですけどね
いっしょうけんめいなのにむくわれないところが
言いようがなくおかしいです。
おばけにはかわいそうなオチなんですけどね。

(しかしうさこは徹夜してメガネを探してる設定ですが
これは教育的にいいのか?
そして彼女は眠くならないのか?)

夜の絵本で
こわくなくて
でもおばけが出てくる絵本、なんてのを探すことがありましたら
まずこの絵本を読んでみてくださいね。


めがねうさぎのシリーズはほかにもあって
ワタシはまだクリスマスしか読んでないんですが
この分なら他の本もけっこう楽しめそうですね。
今年のクリスマスには、めがねうさぎのクリスマス本も紹介する予定です。
スポンサーサイト

猫の事務所

運命の騎士

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。