今日はDVDの紹介です。

スーパーサイズ・ミー

スーパーサイズ・ミー

価格:3,591円(税込、送料別)


肥満症とファースト・フードの因果関係を監督モーガン・スパーロック自らが身体を張って実証するドキュメンタリー作品。アメリカらしい無謀な企画だが、作品を通してしっかりと現代の食生活に一石を投じている。

30日シリーズのDVDって他にもあるそうなんですが
たぶん一番有名なのがこれじゃないかなぁ。
ファースト・フード会社はマ○ドナルドです★

結果から言いますと
ヘタなホラーよりもコワイ内容を、いろいろデコレーションして
ちょっとずつ視聴者の気をそらそうとした出来栄えになってます。

単純に食事シーンをもっと増やして枝葉は少なくてもいいのに
と思わないでもないですが
そうすると純粋なマクド○ルド批判でしかないですものね。

目的はマクドナ○ドのみではなく
ファーストフードは体によくないよ
ってことだと思います。
で、一番数が多いマクドナル○がやり玉にあがったと。

30日間、1日3回の食事をすべてマク○ナルドで食べるのが基本設定。
ちなみに食べているのは監督自身。
彼女がベジタリアンで
彼はベジタリアンではないですが
身長体重は標準やや細め
体脂肪は11%しかないです。
それが食事(というか口にするものはすべて)マ○ドオンリーにするとどうなるか?

そのほかにもいくつかルールがありますが
タイトルにもなったルールが
「スーパーサイズをすすめられたら絶対に断らない」
というもの。
30日間で9回すすめられたそうです。

ちなみにスーパーサイズとは
あのアメリカでいちばん大きいサイズです。
日本人が食べるのはムリでは?と思われるくらい大量です★
(映画の最後によると、この映画が放映されたのち
スーパーサイズは廃止になったそうです)

30日間がはじまる前と
途中で何度か
体重測定や血液検査、医者による診断、健康に関してのインストラクターのチェックなど
複数の観点から健康状態を診ます。

この経過がね~
コワいんです、ホント。

どんどん体が厚みをまして(要するにすごい勢いで太って)
それが止まったな~、と思うと
その後は
調子が悪くなっていくのがわかるという。

しかも
彼自身は、最初のうちは食べるのが苦しそうなんですが
体が慣れてくると
食べているときとか食べ終わったあとがハイで
それを過ぎるとダウナーになるそうなんです。
表情とかも違いますからね。

不健康になっていく様子が目に見えるって…
オソロシイです。はい。
途中ドクターストップもかかりました。
でも30日やりとおしてましたが。

肥満大国アメリカ
原因の多くはその食生活に
ということで
メインを○クドナルド三昧の30日
その合間合間にアメリカの(特に子どもが関わる)食生活や教育
肥満に対する対策など
いろいろサンドイッチ的にはさんでいます。
中には肥満が限界に来た人の手術まで!

(でも、ファーストフード批判なのに
なぜかサ○ウェイでダイエット成功!と講演をしている人のエピソードが出てきたのはちょっとアラ?でしたね。
サブ○ェイはヘルシーだからOKってことなの?)

最終日前
監督の彼女が「明日からデトックスフードを食べさせるわ」
と気合を入れてメニューを作っているシーンがあります。

ベジタリアンの女性が腕によりをかけたデトックスな食事
体に良さそうですよね~
っと思いますが
そのメニューをもってしても
30日かけて悪くした肝臓が元に戻るのには8週間。
倍近い日数がかかってます。

そして
体重を戻すのには1年以上要したそうですよ。
悪くする方が、よくするよりもはるかに簡単ってことですかぁ。


ノンフィクションとはいえ
カタイ作りのものではないので
割と気軽に見られます。

語る必要はないと思いますので
成長期の子といっしょに観てみてください。
感想を聞きだそうとか
コレで話し合おうとか
しなくていいと思います。

ただ
こう食べるとこうなるのだ
という事実は
知っておいた方がいいというか
知っておくべきじゃないかな~
とね。

まぁ、ワタシがこんなにゴチャゴチャ書くよりも
百聞は一見に如かずですな。

レンタル半額や100円の日にでも
この1作を追加していただくのが
よろしいかと。
スポンサーサイト

あめのひ

ケティのはるかな旅

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。