いろんなとこから出てるんですね~。
恐竜は男の子向けだし、夏休みなんかだと恐竜展もありますから
お出かけ前に読むのも楽しそうですね。
呼んでもらうにしても小学生くらいになってないとキビしそうではありますが。

原寸大恐竜館

原寸大恐竜館

価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
君は恐竜がどんな生きものだか知っている?「こわい、大きい、強い?」もちろん、それだけじゃない。この本には、本物と同じ大きさ(=原寸大)の恐竜たちが登場する。生きていたときのすがたで出てくるものもいれば、化石のすがたでお目見えするものもいる。君がすでに知っているはずの恐竜でも、新しい発見があるにちがいない。ようこそ、原寸大・恐竜の世界へ。

出版者は違いますが、原寸大の図鑑は
ほんとのおおきさ動物園

もっと!ほんとのおおきさ動物園

以前紹介しています。

このタイプの本って、思っていたよりけっこう数が出てるのかしら?
それにしても恐竜とは冒険ですわ。
大きさが半端ないですからね~。
案の定、実寸だけでは追いつかず、大人の男性の身長との対比がかなりされています。

全体を載せないわけにはいかないし
載せると原寸大ではなくなるし
苦労しましたねって思っちゃいますね。

しかし、恐竜ってホントにでかいですわ。
顔は一部しか入らないし
足だけで見開きをさらに開いてやっと実物大とか
ビッグサイズの本なのに入りきらないものがてんこもり。

ギャップがあるのが卵ですけどね。
それだけとると普通サイズかも?と思いますが
育った恐竜と比較すると
マジですか、コレ?ってなくらい違います。
どうやったらこんなに育つんだろう…。


実物大の利点がどの程度生かせている本かはちょっと微妙かもですが
(対象の実物大の写真や絵がメインとは言い難いので)
絵もリアルですし、いろんな恐竜がアップで出てきますので
恐竜ニガテな方でなければ、大人でもけっこう楽しめると思います。

サイズの大きさにくじけないかたにおススメいたします。
スポンサーサイト

本のれきし5000年

幽かな花――雨柳堂夢咄 其ノ六

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。