あらら?表紙のホッツェンプロッツの衣裳って…?



というわけで「ふたたびあらわ」れました(笑)。

前作は大どろぼうホッツェンプロッツ
同じ著者の作品は小さい魔女クラバートを以前に紹介しています。

Amazonから内容をコピペしようかと思ったんですが
…表紙を見れば予想がつきますよね(笑)。

はい、ホッツェンプロッツは逃げ出したんです。
しかも、警察官の服装で。

逃げ出したのは木曜日。
カスパールとゼッペルのおばあさんのところでは
やきソーセージとザワークラウトがお昼に出る日でした。
ホッツェンプロッツは、逃げ出した後
おばあさんのところへ行き、その昼ご飯をすべて平らげてから
自分のねじろへと戻ります。。。


ということで、逃げ出したホッツェンプロッツをふたたびつかまえようと
カスパールとゼッペルはまたもや知恵をしぼり行動します。

これがなんとも、前回よりも一段ひねった内容になっています。
魔法使いがいなくなった分、新しく占い師と飼い犬が出てくるのですが
このキャラクターがまたステキ。
後半で登場場面がそれほど多いわけではないのに
強烈な印象で、忘れられなくなること請け合いです☆

あいかわらずのおいしそうな料理
(実際のザワークラウトを食べてみると
クセが強くて好みがたいへん分かれるでしょうけどね)
そして味わい深いたくさんの挿絵
(ほんの少しタッチが変わっているかも?)

ホッツェンプロッツの第1巻を読んだひとなら
この巻はさらに楽しめて、大満足をするのじゃないでしょうか。


とはいえ、悲しいかな
ホッツェンプロッツは「みたびあらわる」で終わっています。
次が最後なんて!と残念ですが
それもしかたがないこと。
せめて最終巻の前に、もう一度読み直し
楽しさをかみしめなおしてから本を閉じていただければと思います。
スポンサーサイト

大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる

大どろぼうホッツェンプロッツ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。