ホントはもっと早くに紹介できるとよかったんだけどな~
なんて思ってたら、今日のFC2のトラックバックが 
第883回「お餅はどうやって食べますか?」でした。
タイミングがいいので、トラックバックしつつ紹介。


おもちのきもち (講談社の創作絵本)

かがくいひろしさんという人の作品です。
この人の絵本は、これとあと1冊くらいしか読んだことないんですが
けっこう人気みたいですね。

Amazonよりコピペの内容(「MARC」データベースより)
おもちだって、いろいろなやみがあるんです。きょうだいたちは、にんげんにたべられてしまうし…。そこでわたくし「かがみもち」は、お正月、とある決心をしました! びっくり、めでたい、驚愕の「おもちワールド」へ出発。


表紙のおもち、困った顔してるんですよね~。
で、どんな気持ちなわけ?
と読んでみると、あらあら。

ギャグとともに微妙にシュールというかホラーというか
「え?」な感じが漂っていて、イイのです。

あ、でも
絵本のオチに関しては
いいんじゃない?って人と
蛇足っぽくない?って人が出そう。
ワタシは大好きですが。


ネタばれってあんまり気にしないんですが
これ、くわしくストーリー書くと
読むときに面白くないだろうな~

でも
これ以上内容にふれないようにすると
話し終わっちゃうじゃん★

ということで
絵の方に逃げますかw



クラシックなタイプの絵ですよ。
この絵って、絵本として何年でももちそう。

でもユニーク。
おもちに顔があるのは、まあ、それほど珍しくないですが
おもちが動き出すシーンからなる一連のストーリーの
おもちのかっこうったら!

もしもーし、ヘンですよ~
って語りかけたくなります。
スバラシイ!

そしてなんといっても
食べてるときの顔のおいしそう、かつ幸せそうなことったら。
なんでこんないい顔してるんですか
なんでこんないい顔かけるんですか。

この顔だけでかがくいさんの絵、好きになっちゃいました。


おもちが好きな子とか
おもちが好きな大人とか
にやにや、ケラケラ笑いながら読める絵本です。

年末から1月にかけて
機会があったら、ぜひ読んでみてください♪
スポンサーサイト

ベスト20ブログ更新しました

アンナの土星

comment iconコメント ( -1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2010-01-21 15:42

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。