本日もにんきものシリーズのご紹介。
にんきものをめざせ!にもでてきた
ライバル・オンナなタイプ 
の「きさらぎまいこ」ちゃんのお話です。


にんきもののはつこい (にんきものの本)
いや~、いかにもワタシカワイイデショな感じの表紙がナイスですね~(笑)。

文章は森絵都さん
絵は武田美穂さん
出版社は童心社です。

Amazonのコピペ内容(「BOOK」データベースより)は
わたしのしょうらいのゆめは、ましょうのおんなになること。あいだとか、こいだとか、そんなもん、いちもんのとくにもならないとおもっていたけれど…。


小学生で「魔性の女」って!
と紹介文でツッコミそうになりますが

いやもう、この本
最初っからとばしてくれてます。

なんたって
「わたし、きさらぎまいこ。
クラスの だんしの にんきもの。

そして、じょしの きらわれもの

ふん!」

ですからね~w
(絵がまたいいんだ。顔の変わり身がすごくて)

確信犯のまいこちゃん
モテるために大変な努力もしております。
キャラ立ってるわぁ☆

魔性の女になりたい理由もなるほどだったりするんですが
いろいろ小学生ちっくで
そこがまたたまりません。

そして
小学生だから
あいだとか、こいだとか、そんなもん
なんていいながら惹かれちゃうのが
こまつくんなんですね~。

さ~て、この恋の結末は
というと

こまつくんはとってもこまつくんらしくて
その後にいろいろあっても
やっぱりこまつくんらしくて
なんというかもう、笑ってしまいます。
(おかげでまいこちゃんは魔性の女希望をやめられるんですけどね)


笑いをとって
最後にほっこりできて
このシリーズはほんとにいいな~。

にんきものをめざせ!でアンチまいこちゃんになった方。
ぜひ!こちらの本もお読みください☆
まいこちゃんの印象が変わること、うけあいでございます^^
スポンサーサイト

にんきもののねがい

にんきものをめざせ!(森絵都・文 武田美穂・絵 童心社)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。