寒い間にこの作品を何点か紹介しますね。
今回は方緒良さん挿絵で、ミキハウスから出ている絵本です。


雪わたり (ミキハウスの絵本)

鉛筆描きでしょうか?モノトーンの絵本です。

全体がモノクロで
文字が空色
とってもいい感じの色バランスです。
ちょっと寒そうだけど、そこがまた「冬」って感じで。

四郎とかん子は雪の照り返しの中のシルエットになっていて
服装も顔もよくわかりません。
物語後半ちかくになって、アップのシーンが多少出てきますが
それでもぼんやりした感じで、それがいい感じですね。

逆にきつねは…
最初のうちは同じくらいロングショットだったんですが
いきなりアップで出てきたりします。
しかも、かわいいけどどう見てもぬいぐるみっぽいメルヘンなきつね…。
なぜ?と
ちょっと悲しくなってしまいました。
しかも一か所じゃなくて、何度もくりかえし出てきちゃうんですね。
いや、そんなにこれでもかってアップにならなくていいってば☆
(すみません、好みじゃないので辛辣かもです)


そういえば
この本、なぜか文章横書きです。
なんでかな?
挿絵のせいかもですが
縦書き絵本に慣れてるとちょっと違和感ありますね。


とはいえ
雪とか冬とか寒さとか
そんなのがよくあらわされている絵本ですので
きつねがぬいぐるみっぽくてもオッケーな方には、ぜひおススメします。
スポンサーサイト

一年ありがとうございました

読み聞かせについての私見

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。