本日はちゃんと季節に合わせた本の紹介ですよ(笑。


れいぞうこのなつやすみ (とっておきのどうわ)

村上しいこさんという方が文章
長谷川義史さんが絵です。

夏休み、子どもと大人でちょっと長さは違いますが
やっぱり楽しみですよね。
じゃあ、休みなく働いてるモノたちも、やっぱり…?
みたいですよ。

ある日、れいぞうこから冷えたビールを取り出そうとしたお父ちゃんが気づく。
れいぞうこ、冷えてない。
壊れたのか?古いから?変な物入れてるから?

いえいえ
れいぞうこも夏休みがほしかったのです。


って、
なかなかナンセンスな物語なんですが
関西弁を使ってどんどん話を展開させているせいか
ほほぅ、って
わりとすんなり読めちゃいます。
会話のテンポとか
絵の感じが内容とあってるんですね。

おとうちゃんと
おかあちゃんと
ぼく、けんいちくんと
れいぞうこちゃん(ハイ、「彼女」だそうです。れいぞう子なんだそうで)。
夏休み、楽しく過ごせるのかな?


長谷川さんの絵って
こうやってみると夏向きだなぁと思います。
色がはっきりしていてパンチがきいていてダイナミックで。

絵がカラーのページとモノクロのページがありますが
モノクロのページの分量が多いのがちょっと残念。
フルカラーだとくどいかもですが(失礼!)
せめて同数くらいだとよかったなー。


この本は、8月のうちに
アイスなんかを食べながら読んでいただくと
楽しみ倍増だと思います☆
スポンサーサイト

ベスト20ブログを更新しました

つるにょうぼう

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。