キューピッドとプシケーキューピッドとプシケー
(1990/08)
ウォルター ペーター

商品詳細を見る


モノクロ線画の表紙です。


エロール・ル・カインの絵本が読みたくなり
図書館で借りてきました。

ル・カインというと
極彩色の精密画、という感じですが
この絵本は墨一色です。
墨の濃淡を生かして色を上手に表現していることで
絵に奥行きが出ています。

印象としてはビアズレーですね。
あれをもっと柔らかくした雰囲気。

ギリシャ神話のなかでも
ちょっとマイナーな題材ですが
文章が読やすいので
とっつきやすいんじゃないでしょうか。

漢字にルビをふってくれているのも親切。
ただし、内容的に大人っぽいので
小学校中学年…いや、高学年のがいいのかも。

うっとりできるので
ロマンティックな物語が好きな女の子向けと思います。
スポンサーサイト

クワイナー一家の物語

ぼくうまれるよ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。