モギ―ちいさな焼きもの師

この本の著者はリンダ・スー・パークといって、アメリカの方なんですが
なぜか韓国を舞台とする作品を主に書いているそうです。
惹かれるものがあるのでしょうね。

みなしごのモギが、自分の道を見つける作品で
内容的にはアリスの見習い物語と重なる部分がけっこうあります。

でも、アリスとモギの違いは
育ててくれる人がいるかいないか
です。
これはけっこう大きな違いで
名前もあるし、していいこととよくないことも
モギはよく知っています。
そして、そのことによってモギが受けている恩恵は
読み手にとてもよく伝わります。

モギが見つけた自分の道は焼き物でした。
青磁といわれる美しい焼き物は
それを作れるようになるまでに大変な手間がかかります。
見ているだけだったモギが
焼きもの師のところに弟子入りできるようになり
その難しさを体で知り
それでも焼きものにどんどん惹かれていく様子。
それを見守り、できる限りの手伝いをする周囲の大人たち。

控え目なあたたかいトーンで物語が進んでいきます。
辛いことや悲しいことももちろんあるのですが
その後ろには穏やかさがしっかりと控えているので
安心して読むことができます。

藤川秀之さんの表紙や挿絵も物語にあっていて
落着きを一層ひきたてています。


物語好きな子にはおススメですが
冒険ものが好きな男の子が好むタイプの本ではありません。

この本をすすめるとっかかりとして
焼き物が好きな子、というのは多くないかもしれませんが
将来のことを少し具体的に考えるようになったときや
学校で歴史などを習って、青磁という器のことを知った時などが
いいかもしれませんね。
スポンサーサイト

風流江戸雀

まこちゃんのおたんじょうび

comment iconコメント ( -4 )

表紙

以前からなんとなく思っていたのですが、
まちこさんが紹介してくれる本って、表紙の絵や挿絵がステキなものが多いですよね。
内容より、絵を重視して選んでいるかのよう?
でも、装飾がステキな本は手に取りやすいし、得てして内容もステキだったりすることが多いのかも?
紹介された側も、本屋に行って、「あ、これこれ!」と、その本を見かけたときに、キレイな表紙だと、つい買いたくなってしまいます。

名前: はにぃ [Edit] 2008-12-26 08:40

Re:表紙

はにぃさん
そうですねぇ。図書館とかでジャケ買いならぬジャケ借りをするので
そうすると、やっぱり表紙とかは気になりますよね。
あとは文と絵のバランスとかも気になるんですよ。
内容が大人っぽくて絵が子どもっぽかったりすると
ざんね~ん、な気分になりますし。
とはいえ、あんまり私の好みを強くすると
大人目線になる可能性がありますね。
来年の目標かも!
ありがとうございます。うれし~♪

名前: しろいまちこ [Edit] 2008-12-27 22:23

文と絵のバランス!

文と絵のバランスかぁ。。。
内容と絵のバランスって、あんまり考えたことがなかったけれど、内容と絵がしっくりきていると、確かに相乗効果がありますね!
まおすけには、まだまだ児童書はムリで、しばらく絵本オンリーなので、絵本選びの話ですが、
私が絵本を選ぶときは、文字と絵のバランス(配置)を気にしています。
絵は見開きでひとつ(2ページに1つ)がベスト、せいぜい1ページに1つ。
文字はできれば、見開きで1ヶ所に固めておいてほしい・・って感じです。
なぜ?っていう理由は、上手く説明できないんだけど、これができている絵本だと、文章が長い短いは関係なく、比較的集中してくれるような気がするんです。
絵の説明が少ない絵本も好きです。
ページを開いて、絵本を読む以外にも、子どもと話ができるから。。。
チューリップが道に咲いている絵があって、「チューリップの花が咲いています」という文章だと、親子の会話がはずみません。
チューリップの絵に、「春です」くらいの文章の絵本が好みです。
うーん、親の好みの押し付けになっているなぁ、と、書いていて、今気づきました。
偏らないように、たまには図書館で自ら選ばせてあげないと(本屋で選ばせるのはまだ危険なお年頃)。。。
もちろん、まちこさんの紹介本も参考にさせていただきます!

名前: はにぃ [Edit] 2008-12-29 01:41

絵本の読み方は、ホント、いろいろですよね~。
見開きの中で単語がバラバラしてる絵本は
読み聞かせをする方から見ると
読みにくいこと、このうえなし!なんですが(笑
少し年齢が大きくなると、それを好むお子さんもいます。
おかあさんの好みを知っていて
「おかあさんの好きな本これだよね」といって
読み聞かせの時にリクエストする子の話を聞いたことがあり
「大人だ~」といって、おかあさんと笑ったことがあります。
お子さんが話すようになると、好みももっとはっきりしますので
絵本選びがさらに楽しくなるのではないでしょうか。
図書館で選び放題、楽しそうですね♪
お気に入りの絵本などのお話もまた聞かせてください。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

名前: しろいまちこ [Edit] 2008-12-30 11:40

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。