きょうはみんなでクマがりだ (児童図書館・絵本の部屋)


これは読み聞かせ向きですね。
「マイケル・ローゼン作」ではなく、「再話」となっていたのでもとは何かな?とネットでちょこっと調べてみたら
あそび歌がもとになっているそうです。どこの国ので、どんな遊びなのかが気になるところですが
残念ながら不明。

家族みんなで犬つれてクマがりにでかけます。
つかまえるのはでかいやつ!
と威勢はいいのですが
くさはらやかわやぬかるみや
クマにたどりつくまではいろんなところを通って行かなくちゃなりません。

そうしてクマに出会ったとしたら…?


フレーズのくりかえしと
交互にでてくる白黒とフルカラーの挿絵
ヘレン・オクセンバリーのやわらかなタッチで描かれています。
(でも、文章ではくりかえし
「そらはすっかりはれてるし」
となってますが、あんまり晴れ渡った空に見えないのは印刷のせいかな?)


ひとりで読んでても、あんまり面白くない本ですので
ぜひ読み聞かせをしてあげてください。
幼稚園、年中さんくらいから楽しめるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

悲しい本

しゃっくりがいこつ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。