ぴかくん めをまわす (こどものとも傑作集 (11))ぴかくん めをまわす (こどものとも傑作集 (11))
(1966/12)
松居 直長 新太

商品詳細を見る



今年の夏も もうすぐ終わりですが
雷雨がものすごく多くて
場所によっては停電なんかもあって
信号まで停電したのを見て
この絵本を思い出しました。


この本も絵は長新太さんですね。
好きなんだなぁ、なんとなく。
信号機に目と鼻があって
なぜか口はありません。
信号機のぴかくん、しゃべらないからこれでいいのかな?


夜中の点滅信号から
朝がきて、普通の信号に切り替わり
ぴかくんの色に合わせて、みんなが道路を進みます。

信号を守ればスムーズに進めるし
守らないと事故のもと。
でも、もし、ぴかくんが故障してしまったら…?


ぴかくん自身は機械なので
話しませんし、自動で動いているわけです。
でも、おまわりさんや修理のひとは
「ぴかくん」「ぴかこう」って話しかけています。

機械を擬人化するわけでなく
といっても、単なるモノじゃないとわかる
愛着が感じられて
とてもいい作品だと思います。

絵本の後ろには
4歳から
って書いてありますが
たぶん、もっと早くても大丈夫です。
この絵本を好きになると
ドライブがもっと楽しくなりそうな気がします。
スポンサーサイト

ふたごの星

シナの五にんきょうだい

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。