はははのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)


かこさとしさんの理科系の絵本は
クラシカルですが
読み物から理科(科学)の世界に入るためには
とってもとっつきがいいのでおススメです。

この「はははのはなし」
今はもっと専門的に
歯とは、とか、虫歯とは、なんてことを説明している絵本もいっぱい出てると思います。

でも、最初に出会う一冊は?
って考えると
わたしはやっぱりこの本をおススメしちゃいますね。

なんでかって
コワくない
からです(笑。


子どものころ歯医者で大泣きした経験からすると
歯医者がコワくなるような歯の本は勘弁してほしいです。
でまあ、読みやすくって
理屈っぽくなくて
でも説得力がある本というと
これかな、と。


全国の歯医者さん
子どもさんがくるところでしたら
この絵本は一冊待合室に置いてください。

って、心からお願いしたいです。
スポンサーサイト

魔法の筆

漂流物

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。