フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

切り紙が愛らしいレオ・レオニの絵本は人気がありますよね。
その中でも、わたしが一番好きなのはこのフレデリックです。


といっても、最初に読んだ時のフレデリックの印象ってよくないんですよ。
だって、フレデリックって
なまけものにしか見えない
んですもの。
アリとキリギリスでいうところのキリギリス?って思っちゃうんですね。

でも、物語の後半になるとそれが変わります。

はたらかないフレデリックは、なかまのねずみに聞かれて
おひさまのひかりやいろやことばをあつめてるとこたえていたのですが
冬が過ぎていき、みんなの気持ちが暗くなってきたときに
あつめて蓄えたそれらをみんなのまえにことばであらわすのです。

想像って、こういうこと、表現って、こういうこと

そんなふうにフレデリックが教えてくれているような気がします。


「想像するってなあに?」
って
小さい子に聞かれたら
「こういうことを言うのよ」って
この絵本を読んであげたいなと思います。
スポンサーサイト

はじめてのキャンプ

カイコ まゆからまゆまで

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。