しっぽのはたらきしっぽのはたらき
(1969/04)
川田 健薮内 正幸

商品詳細を見る


動物の絵本の第一人者、薮内さんが挿絵です。

かの名女優、サラ・ベルナールは演技をもっと完璧にするためにしっぽがほしいと本気で言っていたとか。
ペットはしっぽに感情があらわれて、ほんとに悪いと思ってないときは
ごめんなさいのポーズをしていても、しっぽは反応していないとか聞いたこともあります。
しっぽって、ひとにないものですもの、興味わいちゃいますね。

この絵本では、いろんないきもののしっぽをとりあげ、どんな働きをしているのかを紹介しています。
自分の気持ちや地位をあらわしたり、動作のバランスをとったりと
いきものによってしっぽのはたらきはちがいます。

本の構成上
しっぽをさきに見せてから
次の見開きでいきものと、尻尾がどんな役目をはたしているかを紹介しているので
いきものの全身が見られないのがちょっと残念。

これも「かわ」みたいに2冊つなげると面白いかもしれませんねー。
うーん、やってみたくなっちゃった。
あと1冊ほしいなー。だれかプレゼントしてくれないかなー(笑。
スポンサーサイト

これはいい本か、そうじゃないのか?――ぼくにげちゃうよ

ふしぎなかぎばあさん

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。