今日紹介するのは『小説家になろう』に掲載された中編。著者は霧島まるはさん。
下記のタイトルから作品が読めます。

『長靴をはいた侍女』 

<作品よりコピペのあらすじ>
 雨の日は、好きだ。下っ端侍女のロニは、雨が降るたびにそう思う。
 ロニには、雨の日に仕事があった。彼女の仕えているお嬢様の手紙を、とある屋敷にお届けするという大切な仕事が。
 雨降る花の都を長靴で歩くロニの、小さな恋物語。

霧島さんは書籍化された『左遷も悪くない』という全5巻の作品があり、ワタクシ、ただいま読んでる真っ最中。
面白いので読了後、ブログ記事にするかも♪
(ちなみに霧島さん作品はみわかずさんが以前活動報告で『ソバカス隊長と暗闇の蜜蜂』という作品をオススメしていたのが出会いのきっかけなんですな。この作品もよかったよ~!)


『長靴をはいた侍女』は2014年に連載されたのかー。
雨の日になると思い出して読みたくなって、何度も繰り返し読んでるんだよね。

憂鬱な雨の日。億劫な雨の日。
でも、「晴れるのを待つ」んじゃなくて「雨ならではの楽しみ」があったとしたら…。
うん、晴れの日よりもワクワクするかも。
そんな『雨の日だけ届くお手紙』を配達しているのが主人公のロニ。
ネタバレすると「最初の2回は偶然で、指摘されて気づいた」ってことだけど、<雨>という自分たちでは選べないお天気というキーワードと組み合わせられたら、内容が普通だったとしても、特別な手紙に感じてグッときそうよね。
『男性から女性に』じゃなくて『女性から男性に』というのもポイント高い!雨の日だけという、控えめなタイミングで「あなたのことを考えています」ってアピールになるうえ、相手にお返事を強要していない(←ここ重要)。 
うん、素晴らしいアプローチだ。
雨がくると思い出す→お手紙が来る→読む→(たぶんイイ感じのほんのりラブレター)
これはリピートされれば男性も絆されるよね。そして男性がお返事を書き、雨の日の文通となり、関係が深まる、と。

メール中心の現代では無理な「手書きのお手紙」「イレギュラーだけどちゃんとわかるタイミング」「特定の配達人」というスペシャリティのコンボ。
あーなんてロマンティック!ありえないけど体験してみたーい!とか思っちゃう(*´艸`*)

でねでね、この道10年以上のベテラン侍女のロニが、この作品で初めて自分も執事頭の男性と文通するようになるっていう設定も素敵なのね。
本編終了後のおまけの話の最後がふたりの手紙のやり取りになっていて、初々しくて愛らしくて、もだもだニヤニヤ。
主人公ふたりのやり取りを見ながら、お互いの主人の手紙を妄想するのもまた楽し、なのよ。

挿絵つきで書籍化されないだろうか。もしくはコミカライズ。心の底から読んでみたい!
雨と長靴が上手な絵だといいな。主人公カップルは地味目な感じで、主人カップルは男性が派手めなのが希望。
どんな人がいいかな、森薫さんとか川原由美子さんだと絵柄が派手すぎるかな…とかもう妄想が大暴走www
いつか紙でも読めますように…(^人^) 



小説家になろう]  [な行のタイトル
スポンサーサイト

のんびりVRMMO記 (1)~(5)(まぐろ猫@恢猫・著 アルファポリス)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。