うーん、濃い…。でも読みだしたら一気です。
以下Amazonの紹介ですが、コピペで1記事にできるんじゃね?ってくらいいっぱいだったので、あえて短い方の文章をコピペ。さらに目次をショートカットしました。

内容紹介
パロディマンガの巨星がマジに描いた、明日は我が身のうつ病脱出コミック!
著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!


興味がある方は、Amazonのページに行くと目次ともっと詳しい紹介文が見られます。
目次で登場している人名を見て、あの人も?え、この人も?うつの人って多いのねー⁉って驚くんじゃないでしょーか。わたしは驚きました。

実をいうと、わたしも病院にいくほどではないのですが、うつ傾向があります。
ツイートもしましたが、コラム的にはさまっている『あの時ぼくはうつだった その1』の症状に似たようなことやってます。アレ落ち込むんですよねー★
家にこもりっきりになったり、入眠時に声が聞こえる、いわゆる幻聴だろうなーという体験もありますが、基本設定が丈夫なので「動けないかー、寝よ」「声が聞こえるということはそろそろ眠れるのねー」と、後者は不調にすら当時気づかなかったという…。過去の自分にツッコみたいレベルなので病院に行こうとかは思わないんですけどね。

ま、軽度とはいえ、そういう傾向の自覚があるのでこの本も気になったわけですが
読んでみると、気温差、気圧差でうつ傾向が表面化するなど(著者の田中さんは気温差でやられ、ツイートすると気圧差の人からの反応があったそうな)、病気未満でも役立つ情報がいろいろありました。
気分のアップダウン激しいんだよねー、とか、情緒不安定な時あるんだわーって人は読んでみて損はしないと思います。
コミックだから読みやすいですし、掲載著名人の中にファンの人がいたら、今まで知られてなかった一面が見られますよ。

いろんな人のケースが読めるのもいいんですが、表現として秀逸だなーと思ったのは<うつ>。表紙にも登場している、なんだかゲルっぽい妖怪みたいなヤツです。キモイけど嫌悪感を感じるほどではないこの表現うまいです。山盛りいるときしょくて、少ないと「ま、いっか」程度に許容できそうなイメージ。
田中さんはいろんな絵柄を描ける方のようですが、著作の絵柄は手塚治虫ふう。そのせいかブラックジャックを連想してしまいました。似たキャラで表現されている人も登場します。サービスいいなあw
似てるのがダメって人にはおすすめできませんが、気にならないファンの方ならさらに楽しめます。

ところで、この本の本編の終わりに「つづく」ってあるんですけど、コレ、エピローグがあるからなのか、それとも続編の予定があるからなのか、どっちなんでしょうね?
もっといろんなケースが読めれば、自分の不安定さに対応するやりかたが増えそうな気がするので、続きがあるならぜひ読みたいです。 

今、うつや双極性障害のトンネルの中にいる人も、傾向があって不安定な気分の人も、ずーっとそのままじゃないから大丈夫って元気づけてくれる一冊なので、たくさんの人に読んでほしいです~。


か行の出版社]  [あ行のタイトル

スポンサーサイト

のんびりVRMMO記 (1)~(5)(まぐろ猫@恢猫・著 アルファポリス)

真夏のダイエッター(香折・著 ムーンライトノベルズ)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。