SF好きな方にオススメして、ぜひ感想をうかがいたいものです。

内容(「BOOK」データベースより)
渋谷・青山・麻布・銀座・新宿・湾岸…街から人がいなくなり、残されたのは建物だけ。人間が作ってきたものは何だったのか。自然との共存を拒否し、作っては壊し、壊しては作り、創造と破壊を繰り返してきた歴史がここに。


◆東京が廃墟のようになっている写真集◆
ホントに人っ子ひとりいない!
すごいタイミングで撮影しているのね…と、感心しつつ読み(眺め?)ました。

カメラを向けて、人が途切れるタイミングをうまくつかめることって、たしかにあります。
わたしは神社参拝が好きなので、参拝時に記念撮影することもありますが、全景を人なしで撮れるチャンスって極稀にあって、そのときはうわあ!って、シャッターチャンスもあわせて神様に感謝!です。
でも、それってホントに偶然なので、それを狙ってプロのカメラマンが撮影して、しかも写真集ってのはやっぱスゴイです。

都会の街中で、人がいないはずがないようなスポットがいっぱい撮影されていて、夜中じゃないからすごい早朝なのかもですが、いやー、ゴーストタウン東京、コワイですわ。ホラーっぽいですわ。
なんかね、『漂流教室』を思い出しました。環境としては『ブラスでトラブル』も近いかもだけど、あっちは写真のイメージとは違うんだな。
都会って、人がいて機能してる空気感を含めて都会なのね…。

写真の中に数点、雪景色の高速道路なんかもあるんですが、運転する身なのでゾクゾクしちゃいます。進めなかったらどうしようってあの危機感は味わった人としか共感できない。さすがに乗り捨てたことはないけど、ヤバイと半泣きになったことは数回ある…。うへえ、思い出しちゃった★

写真全体を通しての<距離間のある雰囲気>と撮影のテーマがマッチしているので、好き嫌いはもちろんあるでしょうけど、自分の知らない視点で東京という街を切り取って見せてくれる、興味深い写真集でした。
冒頭にも書いたけど、廃墟になりたてな感じがとてもSFっぽいので、SFファンの人に見て、どんな本を思いついたかとかこの作品と合わせて読むと面白いだろうとか、そういうのを聞いてみたいです。お茶とお茶請けみたいな組み合わせが知りたいw

写真を眺めていて、著者の視点に興味が出てきたので、近日中に他の写真集も見てみようかな…と思っています。



 [ら行の出版社]   [た行のタイトル] 
スポンサーサイト

真夏のダイエッター(香折・著 ムーンライトノベルズ)

夢十夜(近藤ようこ・著 岩波書店)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。