めちゃめちゃ時間かけて読みました。それでも読み終わると思うともったいなかったー!
紙の本で手元にあるんだから何度でも繰り返し読めるんだけど、
最初の一回の、「初めて」の感じって独特じゃないですか。それを一気に味わっちゃうのがもったいなく感じる作品だったので、ゆっくり、ちょっぴり、少しずつ。
一つ読み終わったら本を閉じてため息ついて。こんなに丁寧に味わって読んだのは初めて。


内容紹介
死んでしまった美しい女との百年後の邂逅、逃れられない前世の因縁、明治の世に運慶が現れる不思議、自殺を試みた瞬間に味わう激しい後悔、断崖絶壁で夥しい数の豚に追い詰められる恐怖……。漱石の内面の孤独が色濃くにじみ、曰く言い難い十の夢が語られる珠玉の小品『夢十夜』を、名手近藤ようこが漫画に描く。


夢というのはこんなふうに書き表せるものなんだなあ。
夢って独特の質感があって、でも触れないし現実でもないし、どうしたらいいものかと思いつつ、印象的な夢を見た時だけは手帳にメモったりしているんだけど、わたしは文章でしか表せないので、絵とかマンガにできる人って、ホントに羨ましい。

で、自分の脳内にしか存在しないと思っていた夢の手触りや雰囲気がそのまま文章で読めるのが漱石の夢十夜で。
さらにその世界観をまるっとマンガにしてくれたのが、この近藤ようこの夢十夜。
ため息が出ちゃいます。

もうね、第一夜から鷲づかまれますよ。
夢の女性だから、彼女はわたしの脳内では顔も姿も朧気だったの。髪は長いのかそうでないのか、美女なのかおとなしい地味な女性なのか、なんともつかみどころがなかったのが、この本で「ああ、こんな姿かたちの女だったんだ、と一気に姿が固まりました。

時代がわかりやすいものあり、どことも知れない実に夢っぽいものもありで、ふわふわと漂うように夏目漱石と近藤ようこの作り上げた世界に入り込み、たっぷりとひたれます。
モノとしての大きさは本の天地左右と厚みしかないのに、その世界がどれほど広がりをもっていて、どれほどあやふやで、それでいて心に残るのか、それはもう読んでいただくしかないのよねー。わたしの表現力では…ううう…★

そして、このマンガは白と黒がよく似合うんです。そういえば映画の『心中天網島』を見た時に同じようなこと考えたなあ。
表紙みたいに差し色を、色数少なく薄めに、が限界かな。正直、表紙よりも中のモノクロのほうが雰囲気が合ってる気がする。あ、でも裏表紙の百合は絶品なので、書店で見る機会があったらぜひぜひご覧あれ!

個人的には第一夜は絶品ですが、第三夜も素晴らしい。そういえば第三夜はいろんな人がオマージュ的に作品に組み込んでるよね。吉野朔実さんのとか好きだったわあ。
時代やタッチなどいろんなタイプの絵柄になっているので、絵と内容のマッチングを見るのも楽しいんだよね。第五夜はこういう時代で見せるのかと意外で面白かったし、第八夜は主人公が夏目漱石そのまんまのイメージでニヤニヤしちゃった。

好きな本だといっても十夜分の夢なので、こんなだっけ?とすっかり忘れている夜もあるので、原作とコミックを読み比べるのも楽しそう。近々本棚を探索せねば。そして読むときには白い百合を部屋に飾りたい。つぼみが花開くのを眺めてまた第一夜を読み返したい。
マンガと文庫を2冊並べて百合の花のそばに置くとかどうかな。
気取ったことだなと思いつつも、そういうことをして、似合うかどうか試してみたいです。

もしこの記事を読んで、そしてこのマンガに興味をもって手に入れた人がいたとしたら。
読むのはゼッタイ夜がいいです。
と、強く強くおすすめします。
朝の光で読んだこともあるけれど、夜の匂いが薄れてしまうので、美味しいんだけど出来上がりから時間がたっちゃってちょっと冷めた料理を食べてるような、<ひと味足りなさ>を感じちゃいました。わたしだけかな?いやきっとそんなことはないはず。

夜の濃さ、眠りの質感を、どうぞご堪能ください。


 [あ行の出版社]    [や行のタイトル] 



スポンサーサイト

TOKYO NOBODY (中野正貴・著 リトルモア)

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1)~(3)(マキヒロチ・著 講談社)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。