今出てるのは3巻で、春に4巻が出るようです。
そういえば、連載途中で吉祥寺が住みたい街ナンバーワンじゃなくなったんですよねー。

【内容情報】(出版社より)吉祥寺で不動産屋を営む双子・都子と富子。吉祥寺に憧れを抱いてやってくる客は彼女たちのフレンドリーな接客に戸惑いながら、吉祥寺以外の“本当に住みたい街”を見つけていく。第2巻では、秋葉原、蔵前、経堂、神楽坂の街ぶらはもちろん、重田双子の実家リノベーション化計画もグイーンと進行! 街ぶらラブな不動産マンガ、ますます目がはなせません! 第3巻では、恵比寿、十条、福生、茗荷谷の街ぶらはもちろん、重田双子が実家リノベーションのため一人暮らしすることになる。東京をこよなく愛する二人が新生活に選んだ街は意外な場所だった。 読むと引っ越ししたくなる街ぶらラブな不動産マンガ!




マキヒロチさんは『いつかティファニーで朝食を』で知った漫画家さん。『いつか~』はアラサー女性グループの生活と朝食を絡めたストーリー展開です。

『いつか~』が<食>ならこの『吉祥寺~』は<住>がモチーフ。
引越しなのでその背景には諸事情あったりもするんだけど、引っ越すことでリセットして、新しく仕切り直しできるってことで、登場人物みんな前向きに区切りを迎えてるのが好み♪

狂言回し的な主人公の双子、都子と富子はインパクトがすごいです(笑)。外見もだし性格もね。吉祥寺がいいかなってくるお客さんにいい物件がないとなると即「じゃ、吉祥寺やめよっか」って拉致の勢いで別のとこに連れてっちゃう。コワイってばさwww
しかも物件にたどり着くまでがまた長い!街案内のほうが部屋案内よりはるかに力が入ってるのね。しかもたいていどっかお店に入って飲み食いするしw 
これで契約決まるってすごいよねーと思ってたら、3巻の終わりでお客さんに逃げられて「うちらが無理矢理連れてきて決める人は1ヵ月に1回くらいだし」ってセリフがあった。どうやら読者は成功例ばかりを見ているらしいよw 

読みながら、街紹介と部屋紹介のどちらが気になるかは、その人によるよね。わたしは圧倒的に部屋派なので、行ったことがある街を見て「そうそう、この店あるよねー」くらいの感想だけど、このマンガをガイドブックにして「次の機会に行ってみよう!」とツアーをしても楽しいんじゃないかな。

部屋派はマンガを読みながら自分の好みポイントを確認ね。いろんなパターンがあるから、自分はどこが気になるかチェックしておくとリアル引っ越しで部屋探しをするときに役立つ、かも?
自分の引越しのときは「そうだ!足を伸ばせるお風呂がいい!」でしたわ。中野のゴージャスお風呂のマンション、素敵回だったなあ( ´艸`)。

不動産屋のインパクトある姉妹、人に部屋をすすめるときの視点は鋭いのに、自分たちの家をリノベーションしようってなったときに見事なまでにコンセプトが浮かばなくてうだうだしたのが妙にリアルだった。たしかに「コンセプト」とか言われても、そんな簡単に決められないよね。
リノベの案と並行しながら、ふたりそれぞれがリノベ中に住む街を見つけたところで3巻が終わり。
「人の数だけ生活の仕方があるよね」ってのは3巻のセリフだけど、4巻はどんな街や生活や部屋が見られるのか?
今から楽しみで~す♪


 [か行の出版社]   [か行のタイトル] 

スポンサーサイト

夢十夜(近藤ようこ・著 岩波書店)

能面女子の花子さん・2(織田涼・著 講談社)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。