ぶたぶたさんのコンビニコミック、去年出てたんですよね。買ったけど、オススメしたくて姉のうちにもってっちゃったので手元にありません。またどっかで見つかったら買おう。
前にも書いていますが、小説ぶたぶたさんシリーズの新刊ペース早いです。わたしの読書ペースが追い付かなかったりする。もっとマメにならねば…★

内容(「BOOK」データベースより)
寒い冬の夜。商店街の一角に気になる店が。覗いてみると、温かな雰囲気に心が躍る。ああ、入ってみたい、そんなとき。もし、店の隅にピンクのぶたのぬいぐるみが転がっていたら、それは「味に間違いない店」の目印かも。見た目はぬいぐるみ、中身は心優しい中年男性。山崎ぶたぶたが、いろんなタイプの飲み屋さんで、美味しい料理とともにあなたを待っています。
ぶたぶたさん好きすぎて、こんだけブログで紹介してました。こんだけ書いてたらいいよねってことでカテゴリ作りましたわーw
(過去記事のカテゴリ分けはおいおい…(;^_^A)
「ぶたぶた」
「クリスマスのぶたぶた」

「キッチンぶたぶた」
「ぶたぶたの本屋さん」
「ぶたぶた日記(ダイアリー)」
「ぶたぶたの甘いもの」


矢崎さんは食べ物を美味しそうに書く作家さんで、ぶたぶた以外に『食堂つばめ』シリーズも順調に巻数が増えています。良きかな良きかな♪
で、今回は居酒屋さんやバーのマスターをしているぶたぶたさんの話。
ツイートもしましたけど、切実に近所に「やまざき」(テイクアウトがいろいろできる居酒屋)か「桜屋」(おでんの屋台)が欲しい!です。仕事終割が遅い、でも外ご飯を日常にするのはあんまり気が進まない…って方は読むの気をつけたほうがいいかもです。すっごい!リアルに浮かぶから!(経験者は涙をにじませ語る)

ずーっとずーっとぶたぶたさんのシリーズを読んでいるので、彼は脳内での知り合いです。
ぶたぶたさんの作る食べ物は美味しそうで、しかも彼の姿を見ながら他愛のない話をしてもいいなら、通うよね。うん。
だから遠くにありますって話は聞きたくなくて、やっぱり近所とか行ける範囲の場所にあってほしい。『僕の友だち』の新宿ゴールデン街で日替わりの店主さんとかもいいなあ。ホラー語ってくれるのかー、がんばって仕事の調整するかも。

リアルではちょっと人見知りの気があるわたしでも、ぶたぶたさんにならきっと話しかけられると思うんだけど、でも、飲食店だったらとりわけ話しやすそう。カウンターで話し込まなくても、挨拶がてらの一言二言でいいの。元気出ると思うの。
…うん、最近ちょっと疲れてる自覚ある(笑)。

だからこそ!こういう本で日常の元気をストックするのですよ。

読みながらニヤニヤしたり、「あるある」と頷いてみたり、そうかなー?と思ってみたり。
気軽で読むのに神経使わなくていい安心感のあるシリーズ、大事。
ぶたぶたさんにはわたしの永遠のお隣さんでいてもらって、だれかと話してて、美味しいものを作っててほしいものです。
読んでる間は楽しくて、読み終わると本棚で次回の待機をしてくれる。そんな1冊でした。


 [か行の出版社]   [あ行のタイトル] 
スポンサーサイト

竜の花嫁(飛鳥・著 小説家になろう)

スピリチュアル漫画家!(魔夜 峰央・著 PHP研究所) 

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。