『翔んで埼玉』、リアルタイムで読んでました。なつかしー(^▽^)/(トシがバレるな、こりゃwww)

内容紹介
30年以上の時を経て、『翔んで埼玉』が奇跡の大復活! 傑作短編集『う~ん、マンダム。』の発売! 続いて代表作『パタリロ! 』の舞台化が決定! 魔夜峰央氏の身に今、何が起きているのか。思い返せば魔夜氏の人生は奇跡の連続だったという。雪国での生い立ちに始まり、漫画家デビュー、ホラーからギャグ漫画家への転身、運命の出会い、自身が「冬の時代」と呼ぶ、長い苦難の時期、そして……今。本書では、そのすべてを赤裸々に語っていただきます。はたして、その人生に降りかかった神がかりの数々とはどんなものだったのか。スピリチュアル漫画家・魔夜峰央先生初のエッセイは、心が軽くなる言葉に満ちた、まるで自己啓発書のような読後感の自伝的作品になりました。巻末付録として、守護霊漫画『龍王無尽』(「パタリロ! 」第129話)を収録!



「え、オカルトじゃなくてスピリチュアルなの?」がタイトルを見たときの第一印象。
スピが流行ってるのもあるだろうし、魔夜さんが直感型の方で、人生のいろいろな時期でインスピレーションを受けて人生を送ってきたこともあり、あわせてのタイトルじゃないかな、なんて勝手に妄想。

自伝とエッセイの間、みたいな感じで、これまでの人生の出来事や感じたことを合わせながらの語り口調で書かれています。
ふんわりした柔らかい語り口なので読みやすいです。

なんとなくだけど、書いていることの裏側にはもっといろんなニュアンスや出来事があって、それらのうち書いても大丈夫そうなところを最大公約数にまとめてさらりと書き表したのかな、なんて。

や、わかんないですけど、なんかこう、後ろにもっとあるよね?って言いたくなっただけです。うん。
魔夜さんのオカルトやホラー、大好きだからかもですね。面白いんだよう。『妖怪缶詰』とか読んでみようかな。懐かしい作品いっぱい詰まってそう。
そういえば、魔夜さんの描いたぬらりひょんはとってもイイ感じだった。洋物も和物もお上手な方だから、妖怪作品や妖精作品の新作を読んでみたいな。あと、ホラーや幻想作品のコミカライズとか。絶対すごく面白いはず!

漫画家や作家の方は多いみたいですね。インスピレーションや直感が鋭い方。魔夜さんもそうみたい。
だからといっていいことばかりではなく、耐え忍ぶ<冬の時代>もあったことを本書で知りました。『パタリロ』がずーっと続いているから、<冬の時代>のことなんて考えてもみなかった。
その<冬の時代>を乗り越えられたのは、いい時期に購入していた財産で、ピッタリなくなったとか読むと「おお~っ!」ですわ。
日常ずっと大なり小なり感じるものがあるんでしょうね。で、それらが現実になるのを体感し、その積み重ねの結果が今回の文章ってことかな。
みんなに共通するものではないかもしれないけど、独りよがりとかじゃないので、感じるものがあるなら生活の上で心がけていくといいのかもです。

巻末にパタリロの『龍王無尽』が収録されているのも面白かったですよ。実際こんなふうなのか?はわからないけど、いい心がけで生きるに越したことはないので参考になるかと(^皿^) 



 [は行の出版社]   [さ行のタイトル] 
スポンサーサイト

居酒屋ぶたぶた(矢崎存美・著  光文社)

能面女子の花子さん・1(織田涼・著 講談社)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。