記事が気になる方はこちらでお読みいただけます。


内容(「BOOK」データベースより)
おばあさんは魔女として連れていかれた。裸で歩かされ、水に沈められたあげく、首くくりにされた。次はわたしだ…。アメリカで発見された古びたキルトに、一枚一枚縫いこまれた謎の日記。そこには、十七世紀イギリスの魔女狩りを逃れ、新大陸に渡った娘の、驚くべき軌跡が綴られていた…。

のどにささった小骨みたいに
ずっとずっと自分の中でひっかかっていた作品です。

どうしてこんなに残るのか?
その理由に辿り着くのにも時間がかかったし
書きあらわすことができるようになるのにもさらに時間がかかりました。

何度か書こうと試みたのですが
冷静になれない書き散らかしで削除したり
保存したはずなのに失敗して(!?)記事が消えてしまったり…

それでも時期が来たようで
ものすごいスローペースとはいえ、文章を押し出すことになんとか成功。
舌足らずのチラ裏ですが
文章化できたことで、やっとこの本の<捕らわれ>から
(完全ではないにしても)解放されることでしょう。

こもっていた言葉が出た分、軽くなると、いいなあ…。
スポンサーサイト

マッチ箱日記

かようびのよる

comment iconコメント ( -3 )

あら、同類かしらん?

“魔女”、ですか!
ちょっとオカルトとは意味が違うかもしれないですが、
実は、ふーみんも魔女でありました!(◎_◎;)
予知能力なんかは、まったくありませんけども、
悪魔に取り憑かれた夢を見たことあるしぃ、
その夢を信じちゃっていましたしぃ、、、
あは…グリムのむかし話を信じているふーみんですから、、、(^_−)−☆
っていうのも、、、教会の牧師の先生がね、
「聖書に出てくる “悪魔に取り憑かれた人” というのは、
今で言う、精神障害者のことです」などと、
障害者差別ギリギリの発言もあったので、、、(*_*)
まぁ…精神障害者の方にもいろんな方がいますので、
病気でも “魔女” ではない方の方がずっと多いと思います。
ですが、ふーみんは 「じぶんは悪魔に取り憑かれてた」って、
ごくしぜんに思います〜〜。
あっ!でも、もうその悪魔、ふーみんのなかから出て行っちゃいましたけどもね…
今は、悪魔も去り、とてもしあわせに生きていますよ!(#^.^#)
(ふーみん、おお真面目に書いていますけども、
なんか、おかしな話にきこえたら、すいませんね…)

名前: ふーみん [Edit] 2014-10-16 16:16

すみません。

差別発言を含むコメントですみませんでした。
ふーみんは精神障害者です。
で、「教会の牧師先生にそう言われた」と、
ふーみんの母親から聞いたことは事実です。
でも、ふーみんはその牧師の言うことが事実とは思いません。
病気の人= “魔女” などということはありえません。
発言には気をつけます。
申し訳ありませんでした。

名前: ふーみん [Edit] 2014-10-16 20:45

ふーみんさま

ふーみんさま
コメントありがとうございます。
たしかに精神的な疾患についても「悪魔つき」=「魔女」と言われていた時代もあるようですよね。
そういう誤解というか信じ込みを含めての侮蔑的発言を受けた呼称なのを含めて
最近の魔女流行りに、ワタシはちょっと抵抗感を感じているようです。
自分でも本当の気持ちは分析しきれていないので
とりあえず現段階で表面に浮かんだ気持ちを
チラ裏的に書いてみました、ということでした★

名前: しろいまちこ [Edit] 2014-10-17 22:48

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。