ストライクゾーン、狭し。
ただし、ハマる人にはどハマり間違いナシ!でしょう^^


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ママのクローゼットのおくにある、しかくいおおきなかんのはこ。ママのボタンコレクション。ボタンをみていると、いろいろなようふくがおもいうかぶ。わかいころのママのすがたも。ますますママがすきになる。小学校低学年から。

文:森絵都
絵:スギヤマカナヨ
出版社:偕成社
初版:2013年5月

このコンビの絵本は『ぼくだけのこと』を過去記事で紹介しています。
森絵都さんはそのほかに『DIVE!!』や『カラフル』、『にんきもの』シリーズ、『君といっしょに生きよう』など、いろいろご紹介しているのですが、カテゴリの幅が広すぎで直下に入れられるところがないー☆
ということで、いまだカテゴリ作らず…なのでした。
(もっというと、FC2では2カテゴリにまたがっての掲載ができないので、武田美穂さんと森絵都さんのコンビ作品をどちらに入れたものか迷っていたりします…)

どなたがストライクゾーンかと申しますと、これはもう 裁縫女子 必見!でございますよ。
ソーイングするのに「ボタン?なんでもいいよー」って人はあんまりいないんじゃないかなー?と思うんですよね(いらしたらごめんなさい!)。

表紙を見て、んん?となったアナタ。
ここに描かれているのは「ボタンの入ってる缶」です。しかもまわりにちりばめられているのもみんなボタン!
この表紙にグッとくるかどうかで、絵本ラブになるかどうかがすぐわかるという、探知機のような表紙ですw

洋裁好きな母の娘もボタンが好き。
そりゃそうだ、と思いつつ、洋裁に限らずボタンは眺めるだけで楽しかったりするよねー、とも。
大草原のローラシリーズにもありましたね。お母さんが集めていたボタンを糸に通して妹のネックレスにする場面。
実用的でありつつも、やはり飾りモノの要素があるということなんでしょう。変わったボタンを見るとワクワクしますもんね。

缶いっぱいのボタンに萌え、いろいろ想像するのが主人公なのですが
たしかにボタンは妄想をくすぐります。
どんな服についていたの?自分ならどんな服につけるの?
これはもう、絵を見ながら妄想する読者の脳内をぜひ見せていただきたいものです。ワタシもいろいろ考えましたよー^^

そんな主人公の様子をみての母。
ここまでするとはさすがです。洗濯がめちゃめちゃ大変そうではないかとか思ってはいけません。ファッションとは手間のかかるものなのですw
これだけつけてかわいく見せるというのは、かなりセンスがいいんでしょうね。
絵本ではなく写真で見たい、とか、だんだん本末転倒な方向にワタシの思考が…。
でも、ソーイング好きさんなら、いらしてもおかしくないかも。
もしも実際にいらしたら、ご存知だったら、教えていただけると嬉しゅうございますwww

スギヤマさんの絵はシンプルですが、ボタンが素晴らしく愛らしい!
あんなボタン、こんなボタン、あるある~♪と、眺めていて飽きません。
ボタン愛に満ちあふれた絵と文章のコラボレーション
どうぞお楽しみくださいませ♪
スポンサーサイト

愛の果ての物語

よるのおるすばん

comment iconコメント ( -2 )

ボタン!!!

おおーーッ!!!
ボタン!ボタン!ボタン!の絵本なのですね!
ボタンにわくわくする気持ち、わかりますぅ〜〜♪
縫うことは得意ではないふーみんですが、
手芸品のお店の前で、うろうろするのはだいすき!!!
飽きないですね〜〜〜。
それに、ふーみんも手芸品を使って絵を描いていますので、
(縫わないで、糊ではりつけてしまいますが、、、f^_^;))
この絵本、必見の絵本のように思います。
ご紹介、ありがとう!!!

名前: ふーみん [Edit] 2014-09-27 18:09

ふーみんさま

ふーみんさま
そうなんです。ボタンありき!の絵本です。
しかもふだんリアルでは使わないような変わりボタンのオンパレード!
かわいいボタンはみているだけで楽しいですよね♪
ふーみんさんならきっととても楽しんでくださりそう!
ぜひどうぞです♡

名前: しろいまちこ [Edit] 2014-09-28 23:41

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。