ほんわりほんわり
ゆ~らりゆ~らり…


著者からのコメント
子供の頃、あたたかい部屋の窓際に寝そべって、ボーっとしているのが好きでした。ぷかぷか浮かんでいるこの絵本のタコのように、いろいろなことを想像して遊んでいた気がします。あまりにボーっとしているので「もっと友達と外で遊んだらどう?」と母が心配するほどでした。その時何を考えていたのかはもう覚えていませんが、今でもボーっとするのが好きです。先日も布団の中で想像していた物語の続きが気になって眠れなくなってしまいました。(絵本作家 石井聖岳)
出版社からのコメント
とってもとっても天気のよい日です。「海も空も青いなあ」とタコがいいました。「どこまでが海で、どこまでが空か、わからなくなりそうだ」海と空がまざってしまいそうです。タコはぷかぷか浮かびながら考えました。
「もし空を飛べたら、どうやって飛ぼう?」
空を飛んでみたいタコの愉快な想像の数々と、波間を漂うのんびりしたリズムが魅力の絵本です。さあ、はたしてタコは空を飛べるのかな?

著者は石井聖岳さん
出版社はゴブリン書房です。

石井さんの作品は
『ふってきました』
『ワニあなぼこほる』
『ツェねずみ』
『もうすぐここにいえがたちます』
を過去記事で紹介しています。

ツイ友さんのおすすめで読んでみた本です。
とっても気持ちよくて
疲れているオトナとコドモにささげます。
とか勝手に言いたくなっちゃいましたw

いや、疲れてなくてもいいんですけどね?別に。
そう言いたくなるのはワタシが絶賛夏バテちうだからかもしれません。
うまく続いて痩せてほしいわ…じゃなくて!

脱線失礼しました。
言い訳するとですね、
そういう「ゆるっと気ままにいい加減なことを書い」ても許されそうな
のんびり感に満ちあふれた絵本なんです。

ボーっと考え事(というか夢想妄想)って
あんまり大っぴらにできることじゃないし
褒められたことでもないかもですけど
楽しいし気持ちいいんですよねー。

その気持ちよさが存分に描かれていて
そうそう、とうなずくアタマの動きもなんだかスローモーで
ほわんほわんとしながら
えへらーっと口元ゆるめて読み進めちゃったりw
いや、ワタシだけじゃなくね?
この本を読みながらキリッとしてられる方って
あんまりいないんじゃないですかねー。

タコで
晴れて気持ちのいい日の海を漂いながら
空を飛べたら…なんて妄想に
キリッとガツッとしっかりと!なんて単語は似合いませんとも!
(ここだけ力説w)

ましてや石井さんの絵と文ですよ。
この海の青。いいわあ~♡
「うみと そらが まざってしまいそうです」
って一文があるのですが
いえいえどうして、ちゃーんと
海は海、空は空、というふうに違いがわかりますよ。素敵♪
のんびりただよっているタコちゃんもかわいいです^^

最後のアクシデントと
それを報告する姿もさらにかわいく
そうだよねー楽しかったねーと
読み手のワタシは最後までニヤニヤしっぱなしでした。

忙しいときに手にとってはいけません★な本ですが
夏でアタマがうまく働かなくても
この絵本なら大丈夫。
いっしょにゆらゆらひたりましょう♡


そして今日は、最後に何の脈絡もなく
ぷかぷかつながりの動画を貼ってしまいます。
読み終わったときにこの曲聴きたいなーって思ったので。
そしてやっぱり言葉だけじゃなく、イメージ的にもなんとなく共通するモノを感じたので。
元歌は違う方なのですが
大好きなアーティストさんがふたりして演奏してる動画見つけちゃったので
ここぞとばかりに見ていただくことにしますw

よい一日を♪

スポンサーサイト

プンクマインチャ

カメレオンのレオン

comment iconコメント ( -2 )

No Subject

「プカプカ」懐かしいですね〜、西岡恭蔵 でしたっけ?
それにこの本、ちょっと見てみたい♪いいな〜^^

名前: ゆめのゆき [Edit] 2014-07-15 10:29

No Subject

ゆめのゆきさま
そうそう、西岡さんの歌なんですよね。
西岡さん動画もあったのですが、
坂崎さん、かなり昔から好きなので
ついこの動画をはっちゃいました♪
この絵本、イイですよ~。
ワタシもTwitterのフォローさんに教えていただいて知りました。
海の絵本なので、夏に読むとなおヨシではないかなーと思います~^^

名前: しろいまちこ [Edit] 2014-07-15 23:13

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。