【内容情報】(「BOOK」データベースより)
みんなでたのしく、とんねるあそび。「とんねるとんねる、くぐってくださーい!」「はーい!」へびくん、たこくん、かえるくん…みんなつぎつぎとんねるくぐり。さいごにやってきたのはーえっ、もぐら!?もぐらのとんねるって、どうやってくぐるの…。

著者は岩田明子さん
出版社は大日本図書です。

岩田さんのことはmi:te(ミーテ)というサイトの絵本作家さんへのインタビューページで知り、
作品を読んでみたくなったのでした。
このインタビューページ、素晴らしく充実しています。
サイトの紹介だけで記事ひとつ書けるかもw

ちなみに岩田さんのインタビューは
前編はこちら

後編はこちら
です。
岩田さんの絵本作品、
どうやら、絵本ナビで全ページ読める作品もあるようなのですが
絵本の紙をめくるのが好きなので、ここは現物で^^

とんねるくぐり…
子どものころ遊んだゴム飛びの「いろはにこんぺいと」にちょっと似てる、かな?
最初はわりとフツーなんですけどね。男の子のつくったとんねるをへびくんがくぐるの。
そこからの展開がだんだん複雑になっていきまして。こうくるか…とw

最後のリアルなトンネルたるや
えええ~?アリ~?と
読み進めながら、脱力した笑いが浮かんじゃいます。

絵がまた明るい色合いのかわいくてとぼけた感じでよいのですよ。
たこくんがおいしそうでねえ(←え゛w)
いやまあ、それはともかく、かえるくんの緑もきれいできりんくんの黄色もきれい。
地面の場面での小技も楽しくて
なかなかの見応えアリ♪
最後はほどよくみんな泥んこになっております。

とんねるをくぐるドキドキワクワク感と
抜けたときのカタルシスを
たっぷり味わえる作品。
ぜひ読んでみていただきたいで~す^^
スポンサーサイト

【リンク】Tumblrで映画DVD「阪急電車」の感想を書いています

フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。