森の365日―宮崎学のフクロウ谷日記森の365日―宮崎学のフクロウ谷日記
(1992/08)
宮崎 学

商品詳細を見る

出版されて16年目。児童書の類は「はたち」まで残っていれば
良い作品だと評価して間違いないと思う。
それくらい長く残っているということは、読んでもらった子どもが親になっても忘れずにいて
今度は自分の子どもに読んでやりたい・教えてやりたいと思う作品だからだ。
そういう意味ではこの作品はあと4年で成人を迎えるわけで
末永く残ってくれることを期待する。

宮崎学さんは長野を中心にして撮影をする自然カメラマン。
動物の写真集がかなり出ているが、この本は文章中心のエッセイだ。
地元長野の「フクロウ谷」での撮影の様子を日記と写真でつづっている。
被写体のフクロウを中心にして、森の野鳥や動物や昆虫など
自然の様子を語り、撮る。

つがって生まれて育って
うまく生き延びて次の世代を生むものもいれば
天敵にやられて生き延びられないものもいる。
それらすべてが自然であり、人間が作った環境の変化に対応して
新しい形の生活をつくりさえする。

生き物の強さ、したたかさを
文章と写真で味わうことによって
長野の自然のおすそ分けをいただいた気分になれる。

難しい言葉は使われていないが、やはり視線は大人のものなので
高学年くらいから読むのが楽しめるだろうか。
物語が苦手な子でも読めるし、男の子にも抵抗はないはず。
未読の方は経験として一読してみてほしい。かけた時間についてソンした気にはならないと思う。






[ら行の出版社]
スポンサーサイト

めがねなんか、かけないよ

カイロ団長

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。