00938479.jpg

めがねなんか、かけないよ

レイン・スミスの作品。
この人の作品はポップでヘンです。
はまると他の作品も読みたくなりますが
合わない人は一冊でもういいと思うかも。

とってもアヤシイ眼医者のせんせいにぼくはいわれます
めがねをかけなさいって。
ぼくはいやだとこたえます。
かっこわるいというぼくにせんせいはどんどん話していきます。

さいしょは普通のすすめかたですが
話すにつれてエスカレートする内容。
また、せんせいったら、そういうへーんな内容がめちゃめちゃ似合うキャラクターなんだ。

話のテンポも盛り上がりながら小休止をいれたりして
ちょっとだけ入るひねりにニヤリと笑えたり。
そのあとさらに加速して
最後はちゃんとぼくがまとめます。

この本を読み聞かせするなら
たんたんと読むんじゃなくて、ぜひ声に高低をつけておおげさに読んでほしい。
男女二人で掛け合いのように読んでも楽しそう。
NHKの読みきかせアニメって前に見たことあるけど
今でもやってるのかな?
あんな感じでやるときっと面白いんじゃないかな。

小学生になって、めがねカッコ悪いって思い始めるくらいの年がジャストフィットかなと思います。


スポンサーサイト

まほうをかけられた舌(安房直子・著  

森の365日

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。