来年まで待とうかと思ったけど、待ちきれないので記事書いちゃいます。
今月の最終記事になるので理由はおして知るべしで…w

【送料無料】つくもがみ [ 京極夏彦 ]

【送料無料】つくもがみ [ 京極夏彦 ]
価格:1,575円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
百年つかわれた道具が、妖怪になっておおさわぎ!京極夏彦×城芽ハヤトの妖怪えほん。

文章は京極夏彦さん
絵は城芽ハヤトさん
編集が東雅夫さん
出版社は岩崎書店です。

京極さんの作品は
怪談えほんの「いるのいないの」
妖怪えほんの「うぶめ」

過去記事で紹介しています。

しかし京極さんの絵本にハズレなしなのは何故なのかしら?
絵本作家じゃなく小説家で、しかもえらい分厚い本をいっぱい出していらっしゃる方なのに。

この方はたしか本の次数行数を考えて見た目のバランスが良くなるように作品を書いている…みたいなことを
かな~り前のインタビューで読んだんだったか又聞きだったか。
それを知って、目に気持ちいい作品って観点があるのかもな~と思った記憶はありますが
絵本みたいに文章量や文字数が少ない作品でも同じスタンスで作っていらっしゃる、ってことなんでしょうか。

いやー
それにしても
なんだこのバランスの良さ!マーベラスでございますよ。

またねー
絵の城芽さんもいいんだわあ♡

季節はどうみても夏なんですが
暑ぼったくなくて
絵の中心点というか視点も面白いアングルが多い。
そしておじいちゃんが…コワイw
お年寄りって、ちょっとつくもがみっぽいよね、と書いたら失礼になるであろうか。
でもそんな感じのステキに奥深い佇まいなんですわ。
このおじいちゃんが
「うんとながいきしなくっちゃなあ」
とか言うと
ほんっとおおに!長生きしそうで、めっちゃニヤニヤしちゃいます^皿^

この絵はショーン・タンの「ロスト・シング」にちょっと似てるかも。
で、物語の方はレイン・スミスのスラップスティック。
全体的にはレイン・スミスよりです。ショーン・タンのノスタルジーを期待しちゃダメですよんw

「うぶめ」は悲しかったけど
「つくもがみ」は明るくて楽しいので
シリーズなのに?ってくらいのバラエティがあって
シリーズの続きが楽しみ♪(あ、ちゃんと調べてないけど、これはもっと出ますよね?)

小説の京極さん作品はハマれなかった…という方にも
ぜひぜひオススメいたします。
なぜならワタシがハマったからw

今後も要注目!なシリーズでした♪
スポンサーサイト

【イベント】きくちちきさんライブペインティング in 茅野 に行ってきました(その1)

好き?好き?大好き?

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。