内容紹介
テキサスの田舎に、おじいさんと雌(めす)猫が住んでいました。ねずみも捕らず、のんびり暮らす猫の好物は、おじいさんが作るポテト・スープです。 ある朝、なかなか起きない猫を残し、おじいさんが湖に魚釣りに出かけると……。気むずかしいけど通じ合える、そんな年取った雌猫の魅力に、あなたも浸ってみませんか。

文章はテリー・ファりッシュ
絵はバリー・ルート
翻訳は村上春樹
出版社は講談社です。

この本の売りは
なんたって村上春樹の訳、でしょうね。
あとがきで
偶然見つけ、買って帰りそのまま翻訳してしまった
というようなことを書いています。

春樹が猫好きというのはこのあとがきで初めて知りました。
正直、彼と猫のイメージがあまりすっきりと結びつかないのですが
絵本を読むとなるほどなー、です。
なんというか
猫の言い分をあらわすのが非常に上手なのですよ。

雌猫で
年をとっていて
ようするに気難しいのです。
でもそこが魅力だったりもして
ツンデレの系統に入ります。
デレは少な目ですけどねw

おじいさんも偏屈なところがあるようですので
ふたりはいいコンビで
そのいいコンビぶりと
ちょっとした行き違いでこじれてしまった仲と
その解決のようすと。

えーとまあかいつまんで言うとですね、
猫好きにはたまらなく魅力的な物語なわけです。

猫のマイペースで唯我独尊で
気に入らないことには断固抗議する誇り高さ。
この猫さまの前には、ニンゲン、
猫を飼っている、というより
飼わせていただいております、もしくはいっしょに暮らしていただいております
というくらいのへりくだりが当たり前になってしまうってなもんで
つまりは猫の方が偉いのですが
それに関しては、猫飼いさんから異存の声は出ないと思われます。

絵もまた
濃やかに描きこんでいるわけではないのに
猫の毛並みがちょっとぼっさりしているところとか
横目で人の様子をうかがっている表情とか
夢中になって自己主張をする様子とか
そうそう、猫ってこうだよねーと
ブンブン首を振ってしまうほどの出来栄え。

目立つほど華やかな絵ではありませんが
これはきっと村上春樹が訳さなくても
いつかだれかが見つけて翻訳し
そこそこ人気は出たはず、ゼッタイ。

猫が好きでないならスルーですが
猫を飼ってる、家にいる、そこそこオトナ猫が好きである
という条件どれかに当てはまる方は
読んでみてソンはないと思います。
猫の猫らしさ、猫たるゆえんに
にやりと口角をあげられちゃってください♪
スポンサーサイト

あたらしいおふとん

【イベント】町田尚子さんの個展に行ってきました ※追記ありマス

comment iconコメント ( -2 )

No Subject

まちこさんこんばんは☆
ウフフ、なにを隠そう村上氏は猫好きでございますよ!
空とび猫シリーズも文庫化されてますので、ぜひお手にとってみてください。
しかしこの猫とじいさんの素直じゃない、つかず離れずな関係、いいですよね。映画のように楽しめます♪

名前: フラニー [Edit] 2013-10-01 02:10

No Subject

フラニーさん、おはようございます。
春樹さんの猫好き、有名なんですね。ご本人の著書で猫を読んだ記憶がなかったので気にしていませんでした。
空飛び猫、読んでみますね♪ 
この本の猫とおじいさん、どっちもちょっと猫っぽい距離の取りかたでいいんですよね^^
猫好きさんは読んでたら絶対にニヤニヤするでしょうねえ♪

名前: しろいまちこ [Edit] 2013-10-02 07:23

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。