うわもうちょっとやめて~★
別の本を記事にする予定だったのに
パラッと見たらツボすぎて書かずにはいられなくなっちゃったじゃないのよう!


内容紹介
いま、明かされる「パンダのひみつ」。
あなたは、パンダ専用の銭湯があるのを知っていますか。
実は...あるのです。
え~っ、まさか、そうだったのか...。
あなたの知らないパンダの世界がここにあります。
出版社からのコメント
ポップな色の魔術師tupera tuperaが描くパンダ! !

著者のtupera tupera(ツペラ ツペラ)とは
亀山達矢さんと中川敦子さんによるユニットの名前だそうです。
他にも著書があるみたい。読んでみようっと♪

出版社は絵本館。
8月に出版されたばかりなのに品切れ状態ということは、人気ありすぎて増刷が間に合わなかったとみた!
おそらく近いうちにまた買えるようになると思いまーす♪

Twitterの相互フォローさんに
すてきなパンダさんたちがいまして。
仲良くさせていただいてとっても嬉しいのです♪

パンダの絵本!というと、まずその方たちを思い出しちゃいます。
今まではスルーしていたんじゃ?って本も読むようになりまして
その結果
このような大当たりも発見すると^^

でもって
この本の事をアツく語りたいのですが…
ですが…
そうするとネタバレしちゃうよおぉ~~~★
ネタバレすると本読んだ時の面白さ激減なんだよぅ(涙)

表紙を見た瞬間に「アレ?」って思うんですよ。
「このパンダ、○○っぽくない?」
でまあ、そんな感想は置いといて読み進めるわけです。だって、それについての記述なんてないんだから。
話が進んで
パンダさん一家が銭湯に入って…
「★×▲!!」
さっきのワタシの感想キター!
みたいな。

銭湯もね
温泉マークとか
飲み物とか
お湯の中での会話とか。
いろいろ小技がきいてるんですよ、ちゃんと。

でもでも!
そんな小技をすっとばすようなインパクトが
軽く3回は!いや、4回か?それとも3.5回でいいのか?
脳内がグルグルしてきます。
読みかえすとさらにグルグル…
面白いだけに
た、たまらん☆

ええっと思って
いやんとオドロキ
ひと息ついて。
またアラッとなって
ふーう、と落ち着いた気になったら
またやられたー!って。
32ページで何回ええっと叫ばされることかw

読み聞かせをしてもかなりウケると思いますが
その場合、読み手はつられて笑ってはいけません。
思い出し笑いをついしてしまう、ワタシのようなタイプはあまり向いてないってことですね★
あくまでクールに冷静に
なんてことないでしょ?フツーでしょ?ってテンションで読んでいただきたいものです。
(たとえ内心ではお腹を抱えて大爆笑していても!)

そして、読んだ方たちにはぜひワタシといっしょに
表紙内側の遊び紙にある(そして本の中でパンダパパが使っている)手ぬぐいがたまらなくほしくなっていただきたいです。
切に願います…(商品化されて買いたい^^)

表紙を見て気になった方
このチャンスを逃してはいけません。
ぜひ手に取って読んで
ワタシのように吹き出してください。たとえそれが書店であっても、きっと耐えられないと思いますwww
スポンサーサイト

ぬまばあさんのうた 

いってらっしゃーい いってきまーす

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。