テッパンな絵本です♪


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
古い赤い自動車「よんまるさん」は、工場に連れて行かれ解体されます。でも、トラックに生まれ変わり元気に働くことができるようになります。

著者は堀川真さん
出版社は福音館書店 こどものとも傑作集です。

なんか内容紹介でネタバレしちゃってますね…。
はい、そういうことですw

クルマ絵本らしいといえばらしい感じ。
「じぷた」みたいな話かな?と思いました。
ちょっと違うストーリーですけど、頑丈なところは似てるかな?

そうそう、名前についてですが
よんまるさんは『「よんまる」さん』なのかー、と、絵のナンバープレートを見て気づく。敬称つきなのね♪
いろんなつけ方があるんですねぇ。
いや、ワタシのハンドルネームも愛車からですけども。そして色と車種ですけどもw

愛着とか愛情とか長く付き合うとかもったいないとか再会とか
なんかそんな要素がいっぱい詰まってます。
ひとことで書くと「あなたが大好きだよ」ってことなのかもですね。
そして、いい絵本のもつあったかさとやわらかさで心地よく読めます。

この安心感や安定感がみっちりしていて
じつをいうとそれほど書くことはないのかも?と思ってしまったり。
なんだろう
ちゃんと描いているのに
わざとらしさも大げさなところもないから
すごくフツーに見えちゃう。
でも
ホントはとっても気配りされているよね?
って。
ワタシはたぶんこういうところに「定番」とか「鉄板」を感じているんだろうな。

そうはいっても
雑誌の「こどものとも」が2007年
傑作集になったのは2012年ですから
ロングセラーってほど年期は入っていないはず。
ということで
プレゼントしてもダブる可能性も少なさそうですので
ちょっとしたプレゼントとか、なんかもう少しプラスしてあげたいな…ってときにベンリかも。
おススメしますよん♪
スポンサーサイト

バラライカねずみのトラブロフ

光の旅かげの旅

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。