あっれー?新井さんの本って初紹介なの?


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
カレー、カラスぎ、ウマくいくさ、きんヤギん、きぜつするくライオンち、かリスぎちゃった…、ヘビーローテーション、すごすぎだゾウ、ウッシッシ、サイコーにわらえる、てっパンダジャレ絵本。

著者は新井洋行さん
出版社はえほんの杜です。

ヘンだなぁ。かなり好みなんだけどなぁ。
そして赤ちゃん絵本をたしかに読んでいるんだけどなぁ…★
数少ないウェイティングリストに入っているのかもしらん。あとで確認しようそうしよう。

新井さんの本にしては対象年齢がちこっと上めかな。
言葉遊びの絵本です。
もうねー
そもそもワタシ、こういうの大好物ですからw

ノリが明るくてちょっとバカバカしくて大げさで。
エンターテイメントっぽいテンションの高さで読みたい本です。
これは
女の人よりも、男の人が読むと声のトーンがあうんじゃないかなぁ。
あ、そうだ。
ちょっと前に某所で「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」をデュエットふうにふたり読みしましたが
そんな感じで読んでもゼッタイ楽しい!
読む場所を区切って
ネコさんパートとクマダさんパートに分けて読むの。
個人的にはカネコさんは女性でもいいけど、クマダさんはなるべく男性に読んでいただきたい。
活舌のあまりよくない方だとなおヨシ!ですよ。なんかこう、あんまりすらすら読めないほうが、この本はあうような気がする。

ちなみに、ブログのような感じで
ダジャレになる部分は文字の大きさが変わっているので、その部分を強調するようにして読むと
面白さ、倍!でございます。
読みの練習もしやすいだろうし、子どもが自分で読むときにもわかりやすい
親切な絵本ですよ~。

2見開きにわたったネタがメインですが
その合間に山盛りネタの見開きが入ったりして
緩急もバッチリ。
単調にならないって、こういう絵本の場合、大事な要素なんです。
一本調子じゃ飽きちゃうし
種類が少ないと、これまた物足りない。
うん、ダジャレで絵本って、けっこう難しいんですよ~。
なので
飽きずにいろんなダジャレがあるこの絵本は
めっちゃスバラシイ!

いっぱい褒めちゃいます♪

いつもの新井さんの絵よりも
カクカクして、モソッとしてて
それもまた味がよろし。
色遣いは本当に好き!なトーンだしね。

興味のある方は、ぜひ読んでいただきたいです。
今年出版されたばっかりの本なので
たぶんですが書店で見られる率高いと思います。

そして、本の最後ではみんなといっしょに
ネコさんとクマダさんにツッコんであげてくださーい(^▽^)
スポンサーサイト

【はじめましてのかわりに】うちのブログは毎月の記事数21保守を目指しております

ますむら版 宮沢賢治童話集

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。