とっても面白いんですが、アニメやCGにしたら安っぽくなりそうな作品。
絵本ならでは、と思います。

【送料無料】ふしぎなナイフ [ 中村牧江 ]

【送料無料】ふしぎなナイフ [ 中村牧江 ]
価格:840円(税込、送料込)


内容紹介
一見、なんの変哲もない一本のナイフが、食卓におかれています。ページをめくると、ナイフがまがって、ねじれて、とけて、ほどけて、最後にふくらんでいく……子どもが日常でなかなかみられないような、ナイフの不思議な変身。静かで、力強く変わっていくナイフが、読者を想像の世界にさそっているようです。 この『ふしぎなナイフ』は、「こどものとも年中向き」1985年11月号で刊行されてから、読者の大好評をえています。1993年2月、「こどものとも年中向き」で再使用しましたが、読者からの単行本化の要望が強く、それにこたえて、「こどものとも傑作集」として発行することになりました。 子どもたちは、次々と変化していく不思議なナイフを、目を大きくして、驚きの完成をあげながらみているそうです。
読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から

中村牧江&林建造 作
福田隆義 絵
福音館書店

絵が上品で、文章がシンプルで
内容がめっちゃシュール★
これは絵の福田さんの力量によるところが大きいんじゃないかしらん。
選んだ編集さん、すごいですー。

最初の「曲がる」から「ねじれる」とすすみ
それなんて超能力?みたいな進行ですが
そのうち「とける」「ほどける」になってくると
超能力通り越してSFですなこりゃ。
しかし、一貫して残るナイフの質感がいいわぁ♪

個人的には「ちらば」ってしまったナイフのかけらを全部集めたら
ちゃんともとのナイフに戻るのか?
コピーでもして試したいところですが
こんなにしっかり描いてらっしゃる方に抜かりはないと思いますので
いまのところは保留にしておきます。
(ジグゾーパズルあんまり得意じゃないから
ちょっと負け惜しみ風味入ってますがご了承を~w)

それにしても
一旦途中で小休止を入れてからのたたみかけ。
この緩急がしっかりした展開も素晴らしいですな。
うーん、名作。

難点といえば、類書が思いつかないことかも?
ハマった子に『この次』が渡せないのは、ちと残念です。
この手の本で面白そうなの探したいな…と思いました。
見つかったらまた紹介しますね!

絵本にこだわらないなら
ぜひ!
ハマった子にはマグリットの画集とかみせてあげたいですね。
物語に固執せず、絵だけを楽しめる年代になっていたら
シュールレアリズム全般…はどうかわからないですけども
マグリットなら気に入るはず!と思いますー。

逆読みとして
マグリットが好きな大人にも
この絵本、おススメしますよ。
クールなナイフの七変化に、どうぞドキドキしてくださいませ♪
スポンサーサイト

エレーナのセレナーデ

【リンク】ふだんブログで小説の読書感想文を書きました

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。