お友だちの占いライター・たりちゃんことたりあさんが先日ブログで紹介していた本です。
紹介記事はトラックバックしていますので、そちらもどうぞよろしくねん♪
※追記:たりちゃんのブログへのトラバができていませんでしたので、記事へのリンクにしました。
直リンはこちらです↓
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2085.html
よろしくでございます♪


商品の詳細説明
辞書200冊をコレクションする学者芸人が、辞書の楽しみ方、選び方、つきあい方を徹底ガイド。編者の熱い想いと深い哲学が詰まった、ユニークで愛すべき国語辞典たちの個性と魅力を超厳選してお届け!

著者はサンキュータツオさん。
出版社は角川学芸出版です。

誰そのふざけた名前のヒト!?と思ったら芸人さんでしたか。
テレビ見ないから存じ上げなくてゴメンナサイです。
しかし、奥付の著者紹介読んだら、経歴もすごいけど辞書マニアっぷりもすごいわぁ★
「持ってる辞書が200冊を超える」って、どれほどのスペースと重さになっていることか…
好きな人って、好きな人って、これだから!
(うちにある本とコミックは棚にあげていますwええそんなのたかが知れてますそういうことにしてくださいw)


この本、文章も読みやすいんですが
巻頭部分の凝りっぷりというか、読者に対する配慮がハンパないです。
だれこのマニア。著者さんなの?デザイナーさんなの?イラストレーターさんなの?編集さんなの?
…みんなだろうなぁw

中表紙ですでに章立てがチラリ。
目次は小見出し山盛りのうえ、
第2章の各辞書についてはキャプチャーまでついているので
このキャプチャーで気になる辞書を見つけたら該当ページに直行できます。
その上、次の見開きでは紹介辞書をキャラに見立て、イラスト付きで一覧にして
とどめはチャートでピッタリな辞書を診断してくれるとな?

…なんかに似てる、なんだっけ、なんだっけ…
と思ったら、
占い系のムックや雑誌がわりとこんな感じかも?
辞書のイメージを覆すためのあの手この手ですね。
成功してると思いますよ。辞書本っぽくないやわらかさです♪

サンキュータツオさんって、気配りさんですねーと思ったのは
「はじめに」で本の内容が話し言葉で書かれているのをちゃんと断ってらっしゃること。
親しみやすくしたいためだそうで、
「気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご容赦くださいね★」と。
たしかに辞書本に興味を持つ人は言葉に対しても敏感でしょうから
こんなふうに前もって一言いただけると、了解な気分になりやすいでしょうね~。

文章の読みやすさ、面白さはたりちゃんも書いているし
読めばわかりますよーなんですが
本文マジメに読むと、掲載辞書ほしくなりますからね!覚悟して読んでくださいね☆
ワタシはあれとこれと…
もう具体的なピックアップまで済んじゃってますが
冊数大スギなので、優先順位を決めないと、ですw

本書イチオシらしい『基礎日本語辞典』は、
著者の森田良行先生へのインタビューもコラムとして掲載されています。
たぶんですが、この辞書、
日本人の知らない日本語シリーズが好きな人とかが面白く読むんじゃないかなぁ。
少なくとも興味は持つと思います。

そしてそして
この本、さらにスバラシイのは
辞書キャラのイラスト!
許されるならカラーで見たかったにゃあ。
原画はたぶんカラーだよね。色合いなんかも知りたい。。。
辞書をキャラ化するのも面白いけど
その特徴をとらえて描き分けしているのがまた面白いんですよ。
11人の男子キャラ、イラストレーターさんの苦労がしのばれます。
宮尾和孝さんという方だそうです~。
(『日本語 語感の辞典』とか、ご苦労なさったのでは…?コソッ)

というわけで
あっちを読み、こっちを読みしながら
紹介文を書いた後
最後のオマケ的資料を見て
タツオさんおすすめの「辞書関連本」を見て
更に読みたくなったワタシは
まぎれもなく活字中毒なのですが
毒を食らわば皿までよ、なお友だちがきっといることと思い
そういうページもありますコトよと
同類のためにつけ加えておきますw

かように面白かったので
気になった方は、ぜひひとつ、どうぞです♪
スポンサーサイト

靴を売るシンデレラ

よるのいえ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。